MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コンテンツマーケティング実践のために知っておきたい「攻め」のネットリサーチ活用法

2012/06/25 11:00

 自社の認知拡大や見込み客獲得の方法として注目を集める「コンテンツマーケティング」。最近はネットリサーチをうまく活用して、その「コンテンツマーケティング」を実践している企業が増えているという。どのようにネットリサーチを活かすのか、いくつかの実例を紹介していく。

コンテンツマーケティングを実現していくために

 「コンテンツマーケティング」という考え方が広まり始めている。

 自社の見込み顧客を意識した有益なコンテンツを制作して配信し、興味を持ってもらうことで、社名やサービス名の認知拡大につなげたり、会員登録やリード獲得のきっかけにしよう、というものだ。

 狙ったターゲットを振り向かせるための「コンテンツ」を定期的に制作していくのはなかなか難しいが、最近では、そのコンテンツ制作にうまくネットリサーチを使っている企業が増えているのだという。

調査結果を使ったコンテンツマーケティングのススメ

株式会社ジャストシステム 事業企画部 石川英輝シニアマネージャー
株式会社ジャストシステム
事業企画部
石川英輝シニアマネージャー

 「確かに今までは、新商品やサービス開発のための市場調査が一般的でしたが、最近はそれ以外の使われた方、いわゆる“コンテンツマーケティング”に調査結果を活用している企業が増えているので我々も驚いています。」と語るのは、株式会社ジャストシステムで昨年10月にスタートしたセルフ型ネットリサーチ「Fasatsk」の企画を担当している石川英輝シニアマネージャーだ。

 「今までのネットリサーチでは、1回の調査で30~50万円は必要でしたので、コンテンツマーケティングという、新商品の原価にも組み込めない販促的な使い方としては、負担が大きい金額だったと思います。それがFastaskであれば従来の費用の約1/3~1/5で調査を実施できますので、そのような使い方が増えてきたのだと推測しています」

 ネットリサーチが登場してきて従来の手法よりもかなり安くアンケート調査ができるようになったが、それでも30~50万円掛かり、「ここぞ」という場面でしか使えなかった。それがFastaskによって10万円以内で実施できるようになったことで、調査結果というコンテンツを利用して、将来の売上げにつなげる“攻め”のネットリサーチが可能になったのではないかと話している。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5