SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2012年企業のモバイル広告利用動向調査結果
スマートフォン広告出稿、BtoC企業で大きく増加

 日経BP社の「日経デジタルマーケティング」とD2Cは、企業のモバイル広告の利用動向調査を共同で実施した。日本国内で携帯電話は1億2500万台普及している。

 2011年度の広告費を「100」としたときの2012年度の広告費総額の見通しは、回答企業全体平均で「104.01」。2012年度広告費は「増やす」と回答した企業は22.4%となった。

2011年度の広告・宣伝費総額を「100」としたときの2012年度の広告・宣伝費総額

  媒体別の増減を見ると、デジタル広告全体では増やす企業は21.1%だった。その割合がもっとも高いのはPC広告の19.8%であり、フィーチャーフォン広告7.7%、スマートフォン広告13.6%と続く。また、マス媒体の中で、もっとも増やす割合が高かったのはテレビ広告12.9%となった。

 一方、マス媒体で減らす割合がもっとも高かったのは新聞広告の16.4%。また、すべての媒体で減らす割合がもっとも低かったのはスマートフォン広告の3.0%だった。

2012年度の媒体別予算配分予定

 スマートフォン広告出稿の内訳は、全体で10.9%(前回:4.1%)、BtoC企業では22.5%(前回:8.1%)という結果に。スマートフォン広告への出向は特にBtoC企業で前回調査と比較して、14.4ポイントもの大幅な増加を見せた。

2011年度スマートフォン広告出稿状況

 本調査は日本国内の上場企業および有力未上場企業の計4,328社を対象に、2012年4月から5月にかけてアンケートを実施。523社から回答を得た。2009年の開始より今回で第4回となる。回収率は12.1%。

【関連記事】
DAC、スマートデバイス向けリッチ広告配信プラットフォーム「Crisp Engage」を独占販売
アキナジスタ、中国ブラウザゲーム企業とスマホ広告事業で包括提携
Yahoo!メールで「インタレストマッチ広告」、メールのタイトルと本文を解析して広告を表示
グリー、スマホ広告主専用DSP「GREE Ads DSP」を開始
サイバーエージェント、アプリを保有していない企業向けスマートフォンリワード広告 「Webクリップリワード」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/11 13:00 https://markezine.jp/article/detail/16050

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング