SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットのお財布もヤフー、「Yahoo!ウォレット」がヤフー以外のショップでも利用可能に

 「Yahoo!ウォレット」は、有料のサービスやコンテンツ代金の支払い情報を安全に保管し、決済に関する情報を入力する手間を省く無料のサービス。ヤフーが2002年から提供してきたこのサービスが、8月20日からヤフー以外の「Yahoo!ウォレット」対応ショッピングサイトでも利用可能となった。

 これによって、「Yahoo!ウォレット」ユーザーはヤフー以外のサイトでも、住所やカード番号などの個人情報を入力することなく、簡単・便利にインターネットショッピングを楽しむことができる。また、Yahoo! JAPAN IDを共通のアカウントとして使用することによって、複数店舗での購入履歴を一覧で把握することが可能になる。

 このサービスは、まず「Yahoo!ショッピング」に出店している企業向けに展開し、その後、一般企業向けにも展開。「Yahoo!商品検索」では「Yahoo!ウォレット」を導入した企業の商品に「Yahoo!ウォレット対応マーク」を表示させるほか、「Yahoo!ウォレット」対応の商品だけを検索できる機能などを順次提供する予定となっている。

 決済に利用できるのはヤフーが指定する5行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、スルガ銀行ソフトバンク支店、イーバンク銀行、三菱東京UFJ銀行の口座に限られる。口座開設には通常2~3週間かかる。登録可能なクレジットカードはVISA、Mastercard、JCB、ダイナース、American Expressの5種類。

 Yahoo!ウォレットでは、情報のやりとりの際に、暗号化方式であるSSL(Secure Sockets Layer)を採用して暗号化して通信を行うため、利用の際にはSSL技術に対応したブラウザが必要となる。

プレスリリース:「Yahoo! JAPAN、オンライン決済代行サービス「Yahoo!ウォレット」を外部企業向けに提供開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:37 https://markezine.jp/article/detail/1631

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング