SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IMJ、「アトリビューション分析サービス」開始、マルコフ連鎖を用いた独自の分析サービスを開発

 従来のアトリビューション分析は、コンバージョンしたユーザーのみを分析対象とし、「ラストタッチ型」「ファーストタッチ型」「均等配分型」など一定のルールのもと実施されることによって、各メディアの貢献度が分析方法によって大きく偏るという課題があった。

 IMJはアクセスログを活用し、サイト訪問するユーザーの全流入およびコンバージョンのデータを総合的に分析。各メディアの「サイト流入」「コンバージョン」への貢献度を、確率モデルの「マルコフ連鎖」を用いて算出。全ユーザーの実際のメディア遷移やサイト流入の行動を統合的に分析することで、効率的なメディア投資配分の設計・プランニングのためのコンサルティングをサービス化した。

 このサービスでは実際のユーザーの遷移を確率的に表すため、ユーザーの動きが事前のプランニングどおりだったかを確認・検証することができる。また、メディア投資額だけでなく、出稿タイミングも検証し、次期メディア・プランニングに役立てることが可能となる。

【関連記事】
VRI、キャンペーン全体の広告効果を測定する「One Report」、アトリビューション分析も
ロックオン、朝日広告社、MediaMind Technologies、アトリビューション分析の共同研究
アタラとデジタルインテリジェンス、「トータルアトリビューション分析手法」開発で提携
ソーシャルでは「ラストクリック」よりも「ファーストクリック」アトリビューションを重視すべき
アクティブコア、「ac cruiser」にソーシャルメディア分析とアトリビューション分析を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング