SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フェイスブックで臓器提供の意思表示が可能に

 Facebook社は、日本臓器移植ネットワークとの協力のもと、Facebookのタイムライン上で臓器提供の意思表示を共有できる機能を日本国内向けにも追加した。この機能は今年5月にアメリカとイギリスで提供が開始されてから、オーストラリア、オランダ、スウェーデン、デンマーク、スイス、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカ、コロンビア、ブラジルでも利用可能となり、これまでに25万人以上が臓器提供者として登録している。

 Facebook上で臓器提供者としての意思表示を登録する場合、自身のタイムラインページの投稿欄で「ライフイベント」をクリック。項目「健康」から「臓器提供」項目を選択すると、タイムライン上に臓器提供者としての意思を投稿する欄が表示されるので、日付や思いを記入し、共有範囲を指定した上で投稿する。投稿欄には、社団法人日本臓器移植ネットワークへのリンクが表示されるので、臓器提供の意思登録を行いたい場合は、そちらから手続きすることができる。

【関連記事】
女性30代が情報収集しているSNSは、FacebookやTwitterではなく「mixi」
医療系のネット広告・プロモーションを対象にした「eコミュニケーション大賞」創設
ドコモとオムロンヘルスケア、健康・医療ビジネスで新会社
米オムニコムとMCIが資本提携、日本・アジアでの医療マーケティング強化
日本の月間利用者数が1000万を超えたフェイスブック

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/09/05 11:30 https://markezine.jp/article/detail/16353

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング