SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

アクセス解析+α

同業他社比較だけでなく、自社サイトのコンテンツ作成にも活かせる! 「Google Trends」を使いこなそう

 今回は、「Google Trends(Googleトレンド)」を紹介します。Google Trendsは、Google社が提供しているキーワード分析ツールです。以前は、Google Trendsと「Google Insight for Search(グーグルインサイトフォーサーチ)」という同じような機能を持ったツールが2つありましたが先月統合されました。キーワードのトレンドを時系列で比較できる、エリア別に確認できるなど、非常に便利な機能が備わっています。Google Trendsを上手に活用して自社サイトに関連するキーワードがどのような傾向にあるのかチェックしましょう!

Google Trendsで5つのワードを比較

 早速、画面を確認してみましょう。以下の画像は「醤油」(青線)「塩」(赤線)「マヨネーズ」(黄色線)「味噌」(緑線)「ラー油」(紫線)の5つのワードのトレンドを比較した結果になります。

 一番上のグラフ「人気度の動向」では、それぞれのキーワードのトレンドが2004年から月単位で集計され表示されています。実際の検索回数などが表示されるのではなく、最も検索が多かったキーワードと月の組み合わせを「100」として他のキーワードの検索回数が相対的にプロットされています(今回の場合は2012年2月の「塩」が該当。一番上の赤線の青枠部分が100)。

 数値を見ていただくとワードごとに異なったトレンドがあることがわかります。1番上の「塩」の線は安定して検索回数が多いのですが、特に2012年に入ってからその検索回数を増やしています。

 2番目の線の「味噌」、3番目の線の「醤油」に関しては大きな変化はありませんが、じょじょにその割合を増やしています。4番目の線の「マヨネーズ」は2005年の終わりにちょっとしたピークがあったことがわかります。そして5番目の線の「ラー油」は2010年の間は大きく検索回数を伸ばし、一時期は2位に入っていることがわかります。

 トレンドを見ていただいただけで、何が原因かを想像できた方も多いのではないでしょうか。結果画面の右下にある「関連する検索キーワード」を見てあげることで、理由を特定することができます。以下が、それぞれ「塩」と「ラー油」の結果になります。

 ご覧のとおり、塩に関しては「塩麹」が、そしてラー油に関しては「食べるラー油」が人気の組み合わせワードとなっており、世の中のトレンドを反映した形となっています。また Google Trendsでは地域ごとの人気度を見ることができます。「地域別人気度」では各県の検索回数を相対的に確認した数値が表示されます。今度は「ディズニーランド」と「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で比較をしてみましょう。

「ディズニーランド」の場合
「ディズニーランド」の場合
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の場合
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の場合

 よく検索されている地域に大きな違いがあるのがわかります。

 「ディズニーランド」は関東が中心ですが、他の地域でも検索がそれなりに行われています。逆に「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は大阪・和歌山・岐阜あたりが非常に高く、東北ではほとんど検索されていないことがわかります。

 人気度の動向、関連する検索キーワード、地域別人気度がGoogle Trendsの基本的な機能ですが、他にもいくつかオプションや設定を変えることができ、以下のようなデータを見ることも可能です。

  • 特定の期間だけに絞った検索が可能。「過去30日」などで設定すると日単位での相対検索数を見ることができ、日単位でトレンドを見つけることが可能です。
  • 特定の地域や期間の中での検索ランキングと注目ワード(前月と比較して大きく検索回数を伸ばしたキーワード)。以下は2012年10月に急上昇したワードのランキングです。
  • ウェブの検索結果だけではなく、「画像検索」「ニュース検索」「製品検索」などでの検索回数の推移を確認することが可能
  • 特定のカテゴリに絞り込んだランキングを確認することが可能です。以下は過去90日間の「ショッピング」カテゴリのランキングと推移です

 このように検索上でどのような商品が人気で、特に最近注目があったキーワードなども発見することができます。自社で運営しているサイトに同じカテゴリがあったら、ぜひ確認をしてみましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Google Trendsの活用法~自社サイトのコンテンツ作成への利用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アクセス解析+α連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

小川 卓(オガワ タク)

ウェブアナリストとして、マイクロソフト、ウェブマネー、リクルート、サイバーエージェント、アマゾンジャパンで勤務。2015年にフリーランスとなり、UNCOVER TRUTHのCAO(Chief Analytics Officer)に就任。フリーランスでは、コンサルティング、勉強会、執筆などで活躍してい...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング