MarkeZine(マーケジン)

記事種別

サイバーエージェント等4社、NFC・スマホ活用の新OOH広告展開

2012/11/16 12:00

 サイバーエージェント、東京急行電鉄、東急エージェンシー、凸版印刷は、NFC技術を活用し、OOHとスマートフォンを組み合わせた新たな広告手法「スマートOOH広告」を開発。11月16日より実証実験を開始した。

 OOHとはOut of Homeの略。交通広告や屋外広告など、家庭以外の場所で接触するメディアによる広告の総称。交通広告は、車内の中づり広告や駅構内の広告、車体ラッピングなど。屋外広告は、ビル壁面シート、屋上看板、大型屋外ビジョンなどのこと。

 4社は「スマートOOH広告」の第1弾として、サントリー食品インターナショナルが発売開始した特定保健用食品の新商品「ペプシスペシャル」のプロモーションを11月16日から東急線にて展開。

 電車内広告や駅構内のポスターなどにNFCタグを設置し、スマートフォンでタッチすることでキャンペーンに誘導する。バーコードリーダーの読み取りやアプリの起動・ダウンロードが不必要なことから、オフラインの場からオンラインへの誘導が容易に。OOH広告とWebとの連動を簡単に実現できる環境が整った。ワンタッチで音楽、動画、アプリなどの限定コンテンツの提供や、クーポンの提供など様々な展開を行うことができる。

 凸版印刷はNFCを活用した技術提供、東急電鉄と東急エージェンシーはNFCタグを搭載できる交通広告枠の調整、サイバーエージェントはNFC搭載スマートフォンを活用したプロモーション企画/マーケティング企画をそれぞれ担当する。

【関連記事】
DeNA、サイバーエージェント子会社サイゲームスの株式の一部を74億円で取得
サイバーエージェント、スマホ向けフリーマーケットサービス「毎日フリマ」
JR東日本企画、東京駅で新たなデジタルサイネージメディア放映開始
駅周辺情報をまとめた「ロケタッチ駅前案内β」
GPSではなくARを使った東京駅の案内アプリ「JR×AR」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5