MarkeZine(マーケジン)

記事種別

NECの顔認識技術を使った顧客情報分析クラウドサービスを韓国で展開

2012/11/21 12:25

 新世界I&Cは、韓国の流通業界最大手で、流通・外食等で幅広い事業を展開する「新世界グループ」傘下のSI会社。今回、韓国最大規模のデータバンク会社NICEと、日本のNECと共同で、韓国における顧客情報クラウドサービスの提供を開始した。

 このサービスは、NECの顔認識技術を通じて取得した顧客や来場者の年齢、性別、訪問者数をパターン分析し、気象情報や周辺商圏の売上げ情報および顧客流入パターン分析情報を組み合わせて、流通店舗や公共施設、イベント業者などに提供するもの。POSなどの購買情報との連携により、売場ごとの購買転換率を分析することも今後可能になる。

 クラウド型での提供となるため、利用者は個別のシステム構築が不要。インターネットが接続可能な環境であればどこからでも該当の売場の分析情報を確認したり、情報を加工して利用することができる。将来的には、収集・蓄積したデータの2次活用による、情報提供サービスへの展開を計画している。

【関連記事】
NEC、「顔認証技術活用マーケティングサービス」を提供
電通、複数の認識技術を統合したスマホ向けキャンペーンプラットフォーム「Click AD」
ユラス、CRMにDSP広告配信を連携
日立ソリューションズ、ソーシャルCRMサービス「ReBee」
AMN、NTT-IPに1.2億円の第三者割当増資、ソーシャルCRMを強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5