SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッドとウイングアーク、ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業

 ブレインパッドとウイングアークは今回の協業によって、ブレインパッドのマーケティング分析システムの提案におけるBI製品として、ウイングアークの「Dr.Sum EA」と「MotionBoard」を販売する。さらに、ブレインパッドの分析アナリストと、BI製品の活用ノウハウで実績があるウイングアークのBIコンサルタントの連携によって導入支援を実施し、企業の情報活用を支援する。

 また、ウイングアークを傘下に持つ1stホールディングスグループとセールスフォース・ドットコムの資本・業務提携を活かし、セールスフォース子会社が提供するクラウドプラットフォーム「Heroku」上で展開されるキャンペーンなどのマーケティング・アプリケーションと連携して、その中のデータを自動的に分析、シミュレーション(予測)を行い、さらにセールスフォース・ドットコムのCRM/SFAデータと連動するマーケティングソリューションをブレインパッドと共同開発し、セールスフォース・ドットコムを含めた3社で実証実験を実施する。

【関連記事】
サイト来訪者の行動をSalesforce CRM上で可視化する「AshiAto」
ロックオン、「アドエビス」と「Salesforce」のマッシュアップサービス「EBiSforce」
NECの顔認識技術を使った顧客情報分析クラウドサービスを韓国で展開
ユラス、CRMにDSP広告配信を連携、ビッグデータ基盤で効果分析するサービス
ブレインパッド、Hadoopフレームワーク「Huahin Framework」オープンソース公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/26 15:00 https://markezine.jp/article/detail/16820

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング