MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホ所有率が最も高いのは「アジア太平洋地域」、意外と低い日本のクロスプラットフォーム率【ニールセン調査】

2012/11/26 17:45

 ニールセンのレポートによると、アジア太平洋では5人に 2人以上(44%)がスマートフォンを所有しており、北米(31%)、ヨーロッパ(30%)などをしのぎ、グローバルのどの地域よりも高い所有率となっている。アジア太平洋でのスマートフォン所有率は、昨年同期の25%からおよそ2倍に成長している。

 アジア太平洋のソーシャルメディア利用者のおよそ5人に3人 (59%)がモバイル端末を利用してソーシャルメディアで情報のやり取りをしている。これは、グローバル平均の47%より12ポイント高い結果となった。モバイル端末でのソーシャルメディア利用率は、特にシンガポール(70%)およびインドネシア(65%)で高くなっている。

 アジア太平洋の消費者の約半数がテレビ視聴中にソーシャルメディアを利用しており、クロスプラットフォーム利用率が最も高いのはフィリピン(69%)で、香港(62%)、インドネシア(52%)が続いている。日本はグローバル全体(46%)、アジア太平洋(47%)と比較しても25%とかなり低くなっている。

【関連記事】
通勤・通学者の移動中の買い物、48.1%の人がスマホから得た情報で商業施設へ
サムスンがトヨタを抜いてアジアNo.1ブランドに
アライドアーキテクツ、台湾ソーシャルメディアマーケティング市場参入
LINE、スマートフォンアバターコミュニティ「LINE Play」をプレオープン
「インドのモバイルゲーム市場」、主流はアンドロイドベースのスマホ
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5