SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホ所有率が最も高いのは「アジア太平洋地域」、意外と低い日本のクロスプラットフォーム率【ニールセン調査】

 ニールセンのレポートによると、アジア太平洋では5人に 2人以上(44%)がスマートフォンを所有しており、北米(31%)、ヨーロッパ(30%)などをしのぎ、グローバルのどの地域よりも高い所有率となっている。アジア太平洋でのスマートフォン所有率は、昨年同期の25%からおよそ2倍に成長している。

 アジア太平洋のソーシャルメディア利用者のおよそ5人に3人 (59%)がモバイル端末を利用してソーシャルメディアで情報のやり取りをしている。これは、グローバル平均の47%より12ポイント高い結果となった。モバイル端末でのソーシャルメディア利用率は、特にシンガポール(70%)およびインドネシア(65%)で高くなっている。

 アジア太平洋の消費者の約半数がテレビ視聴中にソーシャルメディアを利用しており、クロスプラットフォーム利用率が最も高いのはフィリピン(69%)で、香港(62%)、インドネシア(52%)が続いている。日本はグローバル全体(46%)、アジア太平洋(47%)と比較しても25%とかなり低くなっている。

【関連記事】
通勤・通学者の移動中の買い物、48.1%の人がスマホから得た情報で商業施設へ
サムスンがトヨタを抜いてアジアNo.1ブランドに
アライドアーキテクツ、台湾ソーシャルメディアマーケティング市場参入
LINE、スマートフォンアバターコミュニティ「LINE Play」をプレオープン
「インドのモバイルゲーム市場」、主流はアンドロイドベースのスマホ
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング