SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッドとテクトム、テレマティクスサービス分野で業務・資本提携

 ブレインパッドは、自動車の電子制御などの技術を持つテクトムと業務・資本提携し、独自のテレマティクス(※)サービスを共同で開発・提供する。また、ブレインパッドは、テクトムが第三者割当増資により発行した新株式を取得した(発行済株式総数に対するブレインパッドの保有割合は10.20%)。

 テクトムのテレマティクスデバイス開発技術とブレインパッドのデータマイニング・最適化技術のノウハウを融合することで、毎秒単位の詳細な車両情報をリアルタイムに収集し、従来のドライブレコーダーやデジタルタコグラフではできなかった、危険な運転行動の予測などを行うことが可能になる。 

 両社は、本サービスを官公庁などの行政機関や自動車メーカー、リース会社、運輸関連業、保険業などの法人向けサービスとして順次展開。コンシューマー向けのサービス展開も視野にいれている。

(※)テレマティクス:テレコミュニケーション(Telecommunication=遠距離通信)とインフォマティクス(Informatics=情報工学)から作られた造語。車などの移動体に通信システムを組み合わせリアルタイムでの情報収集やサービス提供を行う。

【関連記事】
ブレインパッドとFringe81、第三者配信アドサーバー「digitalice」を利用した分析サービス
NTTデータ、豪SAP BIコンサルInnogence社買収で合意
ALBERT、ビッグデータを分析統合&マルチチャネルキャンペーン管理システム
AWS、ペタバイトデータの迅速な分析を容易にするデータウェアハウス「Amazon Redshift」
ブレインパッドとウイングアーク、ビッグデータ時代のBI/BA領域で協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/14 12:30 https://markezine.jp/article/detail/16937

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング