SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook、グラフ検索機能公開~ソーシャルグラフで新たなつながりを創出

 Facebookは米国時間1月15日に、「グラフ検索」機能を公開した。

 グラフ検索は現在、限定ベータ版として英語(米国)でのみ提供。利用希望者は、ウェイティングリストに登録すると、本機能が日本で利用可能になった際にFacebookから知らせが届く。

 Facebook上での人と人とのつながりは「グラフ」と呼ばれ、日々常に変化を続けている。これまで10億人以上の人が2400億以上の写真を共有しており、写真投稿を含むつながりの総数は1兆を超えるまでに拡大してきた。

 今回のグラフ検索の導入により、「グラフ」を通じて新たなつながりを創りだすことが可能になった。

 検索ツールとして、ウェブ検索とグラフ検索は大きく異なる。キーワードに最もマッチする結果をウェブ上の情報より抽出し、検索結果を表示するウェブ検索に対して、グラフ検索ではFacebook上の人々、写真、場所、その他の情報より、最も適合性の高い情報を抽出して表示する。

 またもう一つの大きな違いは、プライベートな情報の活用だ。Facebook上で共有される情報は、多くの場合パブリックに公開されるものではなく友だち間でプライベートに共有されるもの。プライバシー保護を最優先事項として開発された今回のグラフ検索では、Facebook上でユーザーが既に閲覧可能なプライベートな情報に対して検索を行うことで、新たな情報の発見をより容易にしつつ、プライバシーにも十分配慮を払ったものとなっている。

 現時点では、グラフ検索における検索は4項目(友達、写真、場所、お気に入り)のみであり、Facebook上の一部の情報に対して利用可能だ。投稿内容やオープングラフ経由で共有される情報はまだ検索対象ではないが、今後継続的に拡大していく予定。

【関連記事】
サイバーエージェントとHasOffersが提携、Facebookアプリインストール後のLTV測定可能に
Facebookマーケティング予算は年間広告予算の「0~3%未満」の企業が71%
電通PR「2012年年末SNS調査」~Twitter、Facebook、mixiの認知度は95%超え
Facebook、米国でギフトサービス「Facebook Gifts」スタート
Facebook、月間利用者数が10億人に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/16 12:30 https://markezine.jp/article/detail/17064

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング