SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント等、「リアル・リワード広告」共同開発~リアル店舗で利用できるインセンティブでアプリダウンロード促進

 サイバーエージェントと、CAリワード、凸版印刷は共同で、NFC技術を活用し、リアルの場からオンライン上でアプリのダウンロードを促す「リアル・リワード広告」を開発し、2月12日より実証実験を開始した。

 「リアル・リワード広告」は、オンライン上で指定のアクションを行うとインセンティブが付与される成果報酬型広告であるリワード広告と、オフラインである実店舗での消費者行動を連動させた広告。

 消費者はNFC搭載のスマートフォンを店舗内に設置されたNFCタグ付きのポスターにかざすと、対象アプリをダウンロードできる。そして、アプリのダウンロードに対するインセンティブとして、店舗内で利用出来るクーポンなどを受け取る。

 これまでのリワード広告は、アプリをダウンロードすることによってゲーム内で利用できるデジタルインセンティブを取得できるケースが主流であり、オンライン上で完結するプロモーション手法であった。

 それに対して「リアル・リワード広告」は、リアル店舗というオフラインの場から送客し、アプリ提供企業の新たなユーザー獲得を実現する。そして、プロモーションを実施する店舗にとっても、リアル店舗で利用可能なクーポンなどのインセンティブを販促施策として活用できる。

 また、アプリ提供企業は「リアル・リワード広告」経由でのアプリのダウンロード数、ダウンロードされた場所を、プロモーション実施店舗はクーポン発行枚数、クーポン利用者数データを取得することができ、アプリのダウンロード促進や店舗の改善・来店施策などに活かすことができる。

【関連記事】
サイバーエージェント、飲食店にチェックインしてメイヤーを目指す「グルメイヤー」
サイバーエージェント、スマホ向け広告商品開発を強化、半年で100商品を開発・販売
サイバーエージェントとHasOffersが提携、Facebookアプリインストール後のLTV測定可能に
サイバーエージェント、「Ameba」におけるライブ動画配信サービス会社設立
サイバーエージェント「Ameba」でTポイントサービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/14 11:30 https://markezine.jp/article/detail/17215

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング