SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

次はスマホに買換えたいシニア男性は4割も【シニア男性のライフスタイル調査】

 ジャストシステムは、「シニア男性のライフスタイルに関する調査」を実施した。

 スマートフォンの利用について聞いたところ、現在の利用率は19.7%。「次の買換ではスマートフォンにする」人が40.2%もいることが明らかになった。スマートフォンはシニア層の年代でも強い関心があるようだ。

 タブレットPCの利用率は16.2%。タブレットPC経由でどのようなことにお金を使っているかを聞いたところ、56.2%の人が「アプリの購入」を行い、なかでも月に1,000円以上アプリを購入している人が9.6%も。「ネットショッピング」は36.3%、「電子書籍購入」は31.5%であった。

 また、日常的に利用している店舗の種類について聞いたところ、「コンビニエンスストア」が最も多く(72.0%)、続いて「ファミリーレストラン」(42.0%)、「ネットスーパー」(22.1%)となった。「ネットスーパー」を利用する人に1回あたりに使用する金額について聞いたところ、「3,000円以上」と回答した人が38.2%にのぼった。

 「お米」「お酒」「調味料」「野菜」「ティッシュ・トイレットペーパー・洗剤」といった日用品や食材の宅配サービスについて聞いたところ、いずれの品目でも「店舗に行かずに購入し、宅配してもらう」より、「店舗に行って確かめてから購入しその場で持ち帰りたい」という人が圧倒的に多いことがわかった。

 そして現在定期的に働き、収入を得られる職業に就いているかを聞いたところ、42.0%の人が就業中と回答した。70代の人に限った場合でも、23.7%の人が現在も働いていると答えた。

 現在働いている人に、退職後に最も行いたいことを聞いたところ、「旅行」(33.5%)が最も多く、続いて「趣味に生きる」(24.6%)、「一人旅」(7.1%)、「再就職」(7.1%)という結果であった。

【調査概要】
実施期間:2013年1月16~17日
調査対象:Fastaskのモニタのうち、60~74歳の男性900名
調査方法:Fastaskでのアンケート調査

【関連記事】
シニア世代のネット通販、約9割が「楽天市場」利用【シニアの消費に関する調査】
「シニアのIT情報端末に関するアンケート調査」~スマートフォンが欲しいシニアは41%
まとめサイト、若者は「娯楽」シニア層では「マスメディアを補完する情報源」として定着
シニアが習慣的に接触しているメディア1位は「インターネット」【IMJモバイル調査】
新聞広告は男性よりも女性に効果的【ADK調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/18 14:00 https://markezine.jp/article/detail/17230

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング