SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽観的な見通しのアジア各都市と対照的に、東京は「年金への不安」75.1%【アジア14都市「暮らしとお金」調査】

 今回の調査の対象となったのは、香港、台北、ソウル、シンガポール、クアラルンプール、バンコク、メトロマニラ、ジャカルタ、ホーチミンシティ、デリー、ムンバイ、北京、上海、広州の14都市(および参考として東京)。

 経済的な暮らし向きの状況や今後の見通しについて5段階評価で聞いたところ、14都市中7都市で暮らし向きが「昨年より良くなった」と感じる生活者が5割を超え、14都市中13都市で今後の見通しが「良くなる」が5割を超えた。一方、東京の生活者は、暮らし向きの状況が「良くなった」は1割程度、今後の見通しが「良くなる」は2割程度と、今回対象となった14都市に比べるとかなり低い結果となっている。

 「お金」については、「毎月決まった額を貯金」は北京以外の13都市で1位か2位で、「世の中お金で決まることが多い」は14都市すべてでトップ5に入っている。ちなみに、東京の1位は「自分がもらう年金に不安を感じる」(75.1%)で、2位以下を約25%以上引き離す結果に。

 資産形成についてたずねたところ、台北(95.0%)、ムンバイ(72.8%)、香港(70.1%)、ソウル(59.5%)の4都市では株式や宝石・貴金属などの投資を行っている生活者の割合が高い。それ以外の10都市では「何もやっていない」がほぼ半数を超えているが、高い経済成長率を背景に、金融商品市場としてのポテンシャルを秘めているといえるだろう。

 なお、各都市の投資1位に注目すると3つのグループに大別される結果となった。

 ・「株式」派:香港、シンガポール、台北、ソウル、上海、北京、広州
 ・「宝石・貴金属」派:バンコク、ジャカルタ、デリー、ムンバイ
 ・「家・マンション・建物」「土地」派:クアラルンプール、メトロマニラ、ホーチミンシティ

【関連記事】
投資家向けソーシャル「みんなの株式」が中国版「財庫」スタート
KDDIとグリー、Android分野の米投資ファンドに出資
データセクション、アジア地域ソーシャルメディア分析サービス開始
アジア太平洋地域各国利用率トップSNS~日本の首位はMixiからTwitterへ
アジア太平洋地域テクノロジー企業成長率ランキング~日本企業はgumiが7位に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/18 18:00 https://markezine.jp/article/detail/17233

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング