SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「LINE@ナビ」提供開始~地域と人・ビジネスをつなぐO2Oマーケティングプラットフォームへ

 NHN Japanは、同社が運営する「LINE」で提供するビジネスアカウント「LINE@」のポータルサイト「LINE@ナビ」を公開した。

 LINE@ナビは、LINE@導入店舗の店舗情報を集約したポータルサイト。LINE@管理ツール内の入力フォームで情報(店舗情報、LINE@のID、QRコード、写真、地図など)を選択・入力すると、LINE@ナビ上にPC・スマートフォンに対応した店舗紹介ページを無料で作成することができる。

 店舗情報ページには、友だち追加ボタン・LINE ID・QRコードが設置されており、店頭や自社サイトに加えて、新規購読者(友だち)の獲得に繋げることが期待できる。

 ユーザーは、LINE@でお得な情報を発信している店舗を、LINE@ナビ上で探して、友だち追加をすることができる。店舗情報は、新着順・人気順に並び替えたり、任意のキーワードで検索したりすることも可能だ。

 さらに、今回併せて、LINE内でLINE@ナビ公式アカウントを開設。LINE@ナビに掲載されているキャンペーン情報や、注目・新着アカウントの情報を随時配信する。今後は、地域や業種などのカテゴリに分類するなど、さらに閲覧しやすい環境を整えていく予定。

【関連記事】
幻冬舎など、企業ソーシャルへの投稿を支援する「マグぽすと」、LINEスタンプ展開も
リッチメディア、「鍋ぞう」などを展開するワンダーテーブルの「LINE@」アカウントを開設
就職活動に利用しているソーシャルメディア3位に「LINE」が初登場【電通PR「ソー活調査」】
10代女性スマホ所有者のLINE利用率は73.0%【LINE利用動向調査報告書2013より】
12月上旬、ビジネスアカウント「LINE@」提供開始~O2Oマーケティングプラットフォームへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング