MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャルゲーム「無料アプリでアイテム課金型」ユーザーが8割を占める【ソーシャルゲーム利用実態調査】

2013/02/26 10:30

 CyberZは、「ソーシャルゲームの利用実態調査(第二弾)」を行い、その結果を発表した。

 2012年度国内ソーシャルゲーム市場は3,870億円、前年比137%で成長している。企業のスマートフォンにおけるソーシャルゲームのプロモーションニーズが増える中、継続的にゲームで遊んでくれる良質なユーザーを獲得する重要性が高まっている。

ソーシャルゲームへの課金経験

 事前調査において、15~69歳の男女を人口構成比に割付回収した対象者40,000名のうち、スマートフォンもしくはフィーチャーフォンを所有しており、ソーシャルゲームで遊ぶと回答したユーザーは3,080名。そのうち、過半数はソーシャルゲームで遊ぶ際にアイテムの購入や定額利用料の支払いなどで課金をしたことがあるという結果になった。

並行して遊んでいるソーシャルゲームの本数

 スマートフォンにおいて普段ソーシャルゲームで遊んでいるユーザーは、平均3本のソーシャルゲームを並行して遊んでいる結果が明らかに。OS別でみると、iPhoneユーザーの方がAndroidユーザーと比べ、並行して遊んでいる本数がやや多い傾向がみられる。

遊んでいるソーシャルゲームのタイプ

 普段遊んでいるソーシャルゲームのタイプは、「無料アプリでアイテム課金型」が79.7%。また、「有料アプリ(1度購入したら自由に遊べる)」の購入率はAndroidユーザーよりもiPhoneユーザーの方が高い結果に。OSx性別でみると、女性は両OSともに「無料アプリ(課金一切なし)」の割合が最も高い傾向が明らかに。

ソーシャルゲームにおける平均課金額

 一回あたりの平均金額は「777円」、月間の平均金額は「2,742円」という結果に。OS別に見ると、iPhoneユーザーはAndroidユーザーと比較して課金額が高く、月間の平均金額は1,000円以上上回る結果となった。

ソーシャルゲームにおける主な課金対象

 購入経験のある対象として、「回復アイテム」が55.3%、「武器などのステータス向上アイテム」が52.7%。OS別で見ると、AndroidユーザーはiPhoneユーザーよりも「回復アイテム」の割合が高い傾向があった。OSx性別で見ると、両OSともに女性は「アバターなどのファッションアイテム」が男性を大きく上回っていた。

【調査概要】
調査時期:2012年12月27~30日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:普段ソーシャルゲームで遊んでいる15~69歳の男女
調査機関:マクロミル
有効回答数:1,018サンプル

【関連記事】
スマホ移行後に「ゲームアプリで遊ぶ時間が増えた」ユーザーは約7割
ヤフーとグリー、スマホ向けゲーム開発会社を設立
「ゲーム」関連の人気サイトランキング(2013年01月)
2013年度国内ソーシャルゲーム市場、4,200億円突破の見通し
世界のゲーム企業売り上げランキングトップ50発表~日本企業は13社ランクイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5