SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ありがとう」と伝える代わりにお菓子を渡す
【電通総研「イマドキの若者の感謝の伝え方」調査】

 電通総研の電通若者研究部は、15~29歳の男女を対象に、イマドキの若者の日常における“感謝の伝え方”にスポットを当てた調査を実施した。その結果、53.3%が「ありがとうと伝える代わりに、お菓子やあめ等を渡すことがある(=サンクスキャンディーをする)」ことがわかった。

 このような感謝の伝え方をする理由として、高校生では「普段お世話になっていることへの感謝のしるし」、大学生では「相手ともっと仲良くなりたいから」、社会人では「人間関係がスムーズになると思うから」が多い。1回に渡すお菓子やあめの平均金額は、男子が584円、女子が369円と、男子が女子よりも約200円高い。

 また、サンクスキャンディーを行っている若者の41.3%が「渡したプレゼントを写真に撮ってもらうことを期待する」と回答。LINEのヘビーユーザーではそれが 65.8%にものぼっている。また、若年層ほどプレゼントを贈った際に、相手がそのプレゼントの写真を撮ることに期待している傾向が見られた。

【調査概要】
●出現率調査
調査対象 : 全国 15~49 歳、独身男女(個人)
回収サンプル数 : 3,000 名
調査手法 : PC インターネット調査
調査時期 : 2013 年 2 月 4 日(月)~2 月 5 日(火)
調査実施機関 : 株式会社 電通マーケティングインサイト

●本調査】
調査対象 : 首都圏(1 都 6 県)在住、15~29 歳、独身男女(個人)
高校生/大学生(4 年制)/20 歳以上の社会人 *それぞれ男女で均等割付
回収サンプル数 : 300 名
調査手法 : PC インターネット調査
調査時期 : 2013 年 2 月 15 日(金)~2 月 17 日(日)
調査実施機関 : 株式会社 電通マーケティングインサイト

【関連記事】
「タダ・安価でできる」がハマりやすさのポイント【若者の消費行動調査】
若者のテレビや雑誌離れの実態が明らかに
「ノマドワーカー」に憧れる若者の仕事観
朝はテレビよりもスマホで情報収集【女性の朝の過ごし方に関する調査】
「スマートティーン調査報告」~高校生の4人に1人がスマホネイティブ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/18 14:00 https://markezine.jp/article/detail/17441

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング