MarkeZine(マーケジン)

記事種別

小売ブランドランキング「Best Retail Brands 2013」発表~日本は1位のユニクロにローソン、ファミマが追随

2013/03/19 15:00

 インターブランドは、世界のリテールセクターを対象とした「Best Retail Brands 2013」を公表した。

米国

 米国ではWalmartが5年連続でもっとも価値のあるリテールブランドの座を占め、その他の市場においてはUniqlo(日本)、Woolworths(オーストラリア)、Tesco(英国)、Carrefour(フランス)、ALDI(ドイツ)などがトップであった。

“Best Retail Brands 2013” 米国リテールブランドTOP10

 米国のリテール業界は、景況感や個人の消費動向が不安定な中でも、ランクインしているブランドは着実にブランド価値を高めている。TOP50全体のブランド価値は、昨年よりも1.8%上昇し、ブランド価値が上昇した36ブランドでは、平均6%アップした。

欧州・日本

 欧州では、Tesco(英国1位)やCarrefour(フランス1位)が新興国での収益を伸ばしている。そして日本のUniqlo(日本1位)、Lawson(日本2位)、FamilyMart(日本3位)などは、アジアをはじめとする海外出店を強めており、グローバルブランドとしてのプレゼンスを高めている。

“Best Retail Brands 2013” 日本リテールブランドTOP5

ランキングの注目点

価値を高めたブランドトップ6~日本はMuji、Uniqloがランクイン

 最もブランド価値を高めたのは、Macy’s(米国40位、前年比+62%)であった。次いでAmazon.com(米国4位、前年比+46%)、Muji(日本4位、前年比+38%)、Tractor Supply Co.(米国39位、前年比+38%)、Whole Foods Market(米国34位、前年比+28%)、Uniqlo(前年比+23%)となった。

プライベートブランド

 プライベートブランドによる顧客ロイヤリティ獲得に成功しているのが、Walmart(米国1位)、Target(米国2位)、Whole Foods Market、Rewe(ドイツ7位)で、dm(ドイツ6位)はAmazon.comとの提携によりプライベートブランド商品の販売を強化している。

オンラインリテールブランドの躍進

 Amazon.comをはじめ、オンラインストアのASOS(英国10位)が初めてトップ10入りするなどオンラインのリテールブランドがブランド価値を高めている。その一方で、B&Q(英国11位)、The Body Shop(英国14位)、Lululemon Athletica(カナダ1位)は、店舗におけるブランド体験を強化しながら、ブランドカルチャーを活性化させている。

【関連記事】
企業情報サイトランキング、サントリーがトップに返り咲き【日本ブランド戦略研究所調べ】
「Webブランド調査2012―秋冬」~楽天が総合首位に返り咲き、一般企業トップはサントリー
「日本のグローバル・ブランドTOP30/日本の国内ブランドTOP30」発表
サムスンがトヨタを抜いてアジアNo.1ブランドに 【Best Global Brands 2012】
ブランド力1位は「日本マイクロソフト」、「グーグル」は8位に後退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5