SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天トラベル、デジタル広告統合プラットフォーム「Adobe Media Manager」導入

 アドビシステムズは、Adobe Marketing Cloud の広告管理ソリューションであるAdobe Media Managerが、楽天トラベルに採用されたことを発表した。

 Adobe Media Managerとは、デジタル広告における統合プラットフォームのこと。サーチ、ディスプレイ、ソーシャルメディアにまたがるマルチチャネルのキャンペーン管理・最適化を行い、ROIの最大化を実現する。世界中の様々な業界において400社以上が導入しており、年間20億ドル以上の広告予算を管理している。

 現在、デジタル広告における最適化は、広告領域の情報だけで完結するものではなく、サイト分析を始めとするデジタルマーケティング領域全般から得られる情報を活用する、包括的なアプローチを必要としている。

 これまで楽天トラベルは、Adobe Marketing Cloudの分析ソリューション、Adobe Analyticsや、テスト/ターゲティングソリューションであるAdobe Targetなどを活用してデジタルマーケティングを推進してきた。

 楽天トラベルは、既に運用しているAdobe Analyticsとの連携機能を活かし、追加のタグ設定なしで、迅速な導入を行うことができる。これにより、Webサイトのアクセス分析、テスト・ターゲティングや、デジタル広告に関するデータをAdobe Marketing Cloud上で統合し、より幅広いデータを活用してデジタルマーケティングの最適化を実施することができる。

 Adobe Media Managerは、特にリスティング広告領域において、ビジネスルールに基づいたルール型の入札管理と、アルゴリズムによるポートフォリオ型の入札管理という2つの入札管理機能を活用可能なことが評価され、今回の新規導入に至った。

【関連記事】
アドビ、「Adobe Summit 2013」において、マルチデバイス、モバイルへの対応強化を発表
アドビ、「Adobe Marketing Cloud」でモバイル対応、デジタルアセット管理機能などを強化
アドビ、デジタル広告統合プラットフォーム「Adobe Media Manager」国内展開発表
アドビ、ソーシャルメディアマーケティングソリューション「Adobe Social」日本国内提供開始
アドビ、編集可能なPDF「Adobe Acrobat XI」発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/23 13:15 https://markezine.jp/article/detail/17668

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング