SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネット選挙解禁を受け、政党の「LINE公式アカウント」登場

 LINEは、インターネットを利用した選挙運動を解禁する公職選挙法改正案が可決・成立したことを受け、同社が運営する「LINE」において、政党の「LINE公式アカウント」を新たに開設することを発表した。

 これに伴い、自民党・民主党・日本維新の会・公明党・みんなの党・生活の党・日本共産党・社会民主党・みどりの風・新党改革の全政党が「LINE公式アカウント」を本日より開設した。

 本取り組みはLINEを通じて各政党が政策やマニフェストを配信することで有権者の情報収集に貢献し、投票率増加に繋げることが目的。各政党はLINE公式アカウントをモニターとして利用し、今夏に予定されている参議院選挙終了までを予定している。

 政党は「LINE 公式アカウント」を開設することで、国内4,500万人以上のLINE利用者に対して、テキスト・画像・動画などでリアルタイムに最新の情報を有権者に配信することができる。また、一定時間の間、ユーザーから意見を募集することができる「ON AIR機能」を利用して、有権者からの意見・要望を受け取ることや、双方向型のコミュニケーションを行うことも可能。

 また「LINE公式アカウント」は、一般ユーザーが利用するLINEの利用方法とは異なり、各政党は自党の公式アカウントを「友だち追加」したユーザーのIDを閲覧したり、個別のユーザーにコミュニケーションしたりすることはできない。

【関連記事】
Ameba、ネット選挙解禁を受け「政治家ブログ」を拡充
アイオイクス、米国ネット選挙運動の歴史をまとめたインフォグラフィック公開
アイレップ、ネット選挙運動解禁に伴う検索領域への影響と今後の予測を発表
セプテーニ、政党・選挙候補者向けにFacebookページ制作・運用支援サービス
ガイアックス、ネット選挙を支援するソーシャル活用サービスを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/05/13 14:00 https://markezine.jp/article/detail/17743

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング