SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS

【今月の新刊】「オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティング」「DMP入門」

 今月は、2つの入門書の決定版を紹介します。オウンドメディア戦略についての非常に実践的な入門書。そして、横山隆治氏ら日本のアドテクノロジーをリードする執筆陣によるDMPの解説書です。

「オウンドメディア」と「DMP」、重要ワードの入門書の決定版!

 これまで多くの言葉が語られてきた「オウンドメディア」、これから多くの人にとって重要なキーワードとなる「DMP(データマネジメントプラットフォーム)」についての入門書が登場しました!

オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティング

『オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティング』ジョー・ピュリッジ、ロバート・ローズ 著、守岡 桜 訳、小林弘人 監修/2100円/翔泳社
『オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティング』
ジョー・ピュリッジ、ロバート・ローズ 著、守岡 桜 訳、小林弘人 監修/2100円/翔泳社

 コンテンツを主体としたマーケティング戦略についての、非常に実践的な入門書であり、バイブル。

 魅力的なストーリーを提供して人を引きつけ、ブランドに関する対話、ロイヤルティづくりを促進するコンテンツの重要性はわかっていても、具体的にどうしたらよいのか迷っている人は多いはず。

 本書は、コンテンツマーケティングで何を達成するのか、規模は? ビジネスモデルは? 差別的価値は? リスクは? といったことから、ビジネスケース、投資収益率(ROI)の考え方を紹介。さらに、ペルソナづくり、コンテンツセグメンテーション表の作成といった作業や、「何を語るか」、チームのワークフローにまで踏み込んでいる。監修者・小林弘人氏のあとがきでは、コンテンツマーケティングのジレンマにも触れている。

顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門 

『顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門』横山 隆治、菅原 健一、 草野 隆史 著/1600円(Kindle版)、2520円(オンデマンド/ペーパーバック)/インプレスR&D
『顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門』
横山 隆治、菅原 健一、 草野 隆史 著/1600円(Kindle版)、2520円(オンデマンド/ペーパーバック)/インプレスR&D

 電子書籍とプリントオンデマンドで提供するインプレスR&DのNext Publishingからの新刊。データを活用する次世代マーケティングの根幹となる「DMP(データマネジメントプラットフォーム)」の解説書。

 本書では、DMPを「データを販売する事業者としてのDMP」、「企業が自らの顧客および未来の顧客にかかわる大量のデータを駆使ししてマーケティングを行うための『プライベートDMP』」のふたつに分類。企業の次世代マーケティングの根幹はこのプライベートDMPにあるとしている。

 DMPとは何か、代表的なプレイヤー、広告/メディア/広告主から見たDMP活用、データ活用ステップ、組織と人材、活用事例まで網羅している。同シリーズの『DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門』に続いて読むべき1冊。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/05/31 09:00 https://markezine.jp/article/detail/17864

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング