SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、CCCとポイント・IDを統合へ~ネットとリアルを横断した日本最大の共通ポイントサービス誕生

 ヤフーと、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は、7月1日に、「Yahoo!ポイント」を「Tポイント」に切り替え、「T-ID」を「Yahoo! JAPAN ID」に統一することを正式に決定したと発表した。

 CCCが運営する「Tポイント」は日本最大の共通ポイントサービス。2013年4月末現在で、4,504万人の会員(アクティブ・ユニーク数)を有し、提携企業は100社約57,000店舗にのぼる。

 これにより、「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!トラベル」「Yahoo!ゲーム」などYahoo! JAPANの16サービスを中心に「たまる」「使える」Yahoo!ポイントは「Tポイント」に統一される。今後はインターネットのみならず、Tポイント提携店舗でも「たまる」「使える」ようになり、ネットとリアルを横断した日本最大の共通ポイントサービスが誕生する。

 また、複数のIDを保有することが煩わしいと感じるユーザーの課題解決のため、「T-ID」を「Yahoo! JAPAN ID」に統一する。今後は「Yahoo! JAPAN ID」一つでインターネット上でTポイントサービスを利用できるようになる。

【関連記事】
貯めたポイントをmixiポイントや現金に、ポイントサービス「モラッポ」提供開始
楽天スーパーポイント、期間限定で電子マネー「楽天Edy」と交換可能に
LMとアドウェイズ、アプリでPontaポイントがたまるサービススタート
アイスタイル、全提供サービスの会員IDを連携、ポイントシステムを統合し「ビューティプラットフォーム」構築へ
スマポ、小売り向けO2Oシステムパッケージ「スマポ安心ポイント連携」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/04 13:12 https://markezine.jp/article/detail/17895

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング