SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

FacebookにAmeba、LINE等、ユーザーはPCとスマホでどのようにサービスを使い分けているのか?【ニールセン共同調査より】

 ニールセンとサイバーエージェントは、コミュニケーション系サイトのPCとスマートフォンでの利用目的や意識、広告・コンテンツ接触後の行動に関して、共同調査を行った。

 利用用途ごとにどのサイトを利用するかを尋ねたところ、PCでの利用目的として、「友人・知人の近況を知るため」に利用すると回答したのは、Facebook(68.1%)、mixi(60.7%)、Twitter(45.3%)の順であった。また、「タレントや著名ブロガーなどの第三者の意見や近況を知るため」に利用されるのは、Ameba(45.1%)、Twitter(29.5%)となった。スマートフォンでは「友達との連絡手段として使うため」にLINEが利用される割合(60.1%)が高かった。

 また、利用目的において「知りたい・調べたい情報を得るため 」「面白い情報・お得な情報を得るため」に利用されるサイトは、PC・スマートフォン共に、Twitter、Amebaの順に。既婚女性がスマートフォンで利用する際には、AmebaとTwitterが同程度利用されることも明らかになった。

 サイトに掲載されているコンテンツや広告を見た後、「商品やサービスを知った」「商品やサービスに興味・関心を持った」ことがあるサイトは、Facebook、Amebaの順であった。「さらに検索やブログなどで商品やサービスの評判や口コミを調べた」ことがあるサイトは、Twitter、Facebook、Amebaと続いた。

 また、既婚女性に対象を絞った場合は、「商品やサービスを知った」、「商品やサービスに興味・関心を持った」、「さらに検索やブログなどで商品やサービスの評判や口コミを調べた」サイトとして、いずれもAmebaがトップだった。

 特定のコンテンツを目的として訪問するサイトとして、「エンタテインメントコンテンツを楽しみに来訪する」のはAmeba(40.2%)、Twitter(33.7%)であった。一方で「ファッションコンテンツを楽しみに来訪する」のはAmeba(15.4%)、Facebook(12.9%)という結果に。また、「グルメコンテンツを楽しみに来訪する」のはAmeba(15.8%)、Facebook(15.1%)となっており、特定のコンテンツに対する関心はいずれもAmebaが高かった。

 今回の調査により、インターネットユーザーはPC、スマートフォンに関わらず、目的によりサイトを使い分けていることがわかった。友達への連絡手段としてスマートフォンでのLINEの台頭が目立つ一方、タレントや著名ブロガーなどの第三者の意見や近況を知るためにAmebaが利用され、PC、スマホを問わず、利用者の興味・関心を喚起していた。そして、特に既婚女性にその傾向が強いことがわかった。

【関連記事】
「GREE」「Mobage」は20代男性、「Ameba」は30代女性が支持
Amebaが「ママ事業部」を新設、育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業を展開
大学生は「Facebook・はてな」、高校生は「YouTube・FC2・Ameba」
無料通話サービスの利用者は3割弱、LINEは全体の17.7%を占有
スマホアプリ利用状況、Google Play/Google Mapsを押さえてLINEが1位に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング