SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新生銀行、CCCと金融サービスへのTポイント付与提携へ~顧客規模拡大を目指す

 新生銀行およびカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は、CCCの共通ポイントサービス「Tポイント」を利用する「T会員」を対象とした金融商品・サービスのご案内に関する業務提携について、6月25日に基本合意した。

 「Tポイント」とは、CCCが展開する日本最大の共通ポイントサービス。2013年5月末現在、会員数は4,560万人(アクティブ・ユニーク数)、Tポイント提携企業は全国100社58,000店舗に達する。

 両社は、今回の提携に基づき、2013年8月中を目処に、T会員による新生総合口座パワーフレックスの口座開設時や新生銀行の所定の金融商品・サービスのご利用時などにTポイントの付与を開始する。

 また、新生銀行グループのアプラスでは、既にCCCとクレジットカードに加え、ショッピングクレジット、オートクレジット、家賃決済などにおけるTポイントサービスで広範に提携。CCCとの提携カードの発行枚数は約500万枚に上る(2013年5月末現在)。今後は、アプラス発行のクレジット機能付きTカードを有する500万人の会員をはじめ、T会員に対し、Tポイントサービスと新生銀行グループの金融商品を組み合わせた、新たな金融商品やサービスの開発・提供も検討している。

【関連記事】
サイバーエージェント「Ameba」でTポイントサービス開始
ニッセン、Tポイントサービスを導入
ヤフー、CCCとポイント・IDを統合へ~ネットとリアル横断日本最大共通ポイントサービス誕生
ミクシィとロイヤリティ マーケティング、mixiとPonta連携によるO2Oマーケティングを実施
Ponta公式サイトがリニューアル、ウェブでためたポイントを実店舗で使えるサービスも視野に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/17 11:30 https://markezine.jp/article/detail/18147

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング