SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

レンタルサーバー徹底活用ガイド

「簡単」「低価格」なSEOサービスを追加!顧客ニーズを汲み取ったレンタルサーバーとは(前編)


ビジネスインフラとしての価値が高まるにつれ、サーバーホスティングサービスは、単なる「場所貸し」から、総合的なビジネス支援までを含めた「ビジネスパートナー」として意識されつつある。インターネットのパイオニアとして知られるFUSION GOLが提供する「ウェブホスティングパッケージサービス(WHP)」は、そうした顧客対応力に定評のあるホスティングサービスだ。中でも好評なのが2006年12月に提供を開始した、低コストではじめられる「SEO対策サービス」や「CMSサービス」である。早速、運営するフュージョン・ネットワークサービスを訪ね、その利点と効果について話を聞いた。

ブラックボックスだったSEOを、低価格&クリアなサービスとして提供を開始

 近年、Web2.0という言葉に代表されるような、エンドユーザーにとってインタラクティブで使いやすいインタフェースや仕組みがもてはやされるようになり、検索エンジン対策やWeb上でのプロモーション、ブログやSNSなどのCGM(Consumer Generated Media)などへの対策も不可欠となってきている。技術やノウハウが細分化し、専門化すればするほど、専任の担当者をおけない中小企業は不利となる。こうした要望が上がってくるのも必然といえば必然だ。

 そうしたリクエストに対して真摯に取り組み、「ホームページ作成サポート」や「CMS機能を備えたホスティングパッケージ」など、Webソリューションのラインナップがそろってきた。その中で今最も注目を集めているのが、「SEO支援サービス」である。

 「当初は『自社のHPをより多くの人に見てほしい』というお客様の要望に応えて、リスティング広告の出稿を代行していました。しかし、費用がかかるわりには効果が上がらない。十分な費用が用意できる大企業でなくては継続しないと痛感したわけです。それでもっと安価に継続的なSEM対策としてSEOサービスを提供することを考えました」(フュージョン・ネットワークサービス GOL事業本部マーケティング部 企画グループ 都丸氏)。

 サービスとしては至ってシンプルである。まず、一つめのサービス「検索エンジン登録ツール」では、3000件ものサイトが収録されており、フォームに従ってクリックするだけで、検索エンジンや優良サイトへの登録&リンクが可能だ。つまり、バックリンクを集めてリンクポピュラリティを向上させることを目的としている。このように表現すると簡単なサービスのようだが、他社のSEOサービスを利用したことのある人なら、その「明快さ」の価値がわかるはずだ。なお、これらのサービスを代行して行うことも可能だという。

検索エンジン登録画面(下図)。1度の入力作業で複数の検索エンジンへの登録が可能。
 

バックリンク登録レポート画面(下図)。登録申請を行ったサイトが表示される。

くわしい製品情報はこちらから! お問合せはこちらから!

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
専門家でなくてもできる、手間ナシSEO対策

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
レンタルサーバー徹底活用ガイド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/24 18:29 https://markezine.jp/article/detail/1819

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング