SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

EC・通販最前線

EC売上15億ドルのファッションECの巨人、米ギャップが日本のEC市場に参入

 世界最大級のアパレルブランド「Gap」などを展開し、デザインから製造、物流、販売、マーケティングを自社で一貫して行う製造販売スタイル(SPA)の基礎を築いたGap Inc.(以下、米ギャップ)。グローバル展開を進めるギャップのオンライン売り上げは15億ドル(11年度)で、全体の売上高の約11%を占める。米ギャップは日本を含めたアジア地域を重点地域に位置付け、12年に日本、中国は11年からオンラインショッピングを始めている。アパレル業界の巨人が描くECを使ったマーケティング戦略とは。日本と中国のECを統括するアジア・オンライン担当シニアディレクターのIris Yen(アイリス・イェン)氏、Gapジャパン マーケティングディレクターの遠藤 克之輔氏が取材に応じた。

14年度までにEC売上20億ドル目指す

 「Gap」といえば高品質なアメリカンスタイルを追求したカジュアルファッションブランド。日本市場でもその知名度は高い。米ギャップの日本法人「ギャップジャパン」は94年の設立。第1店舗は銀座でスタート、今では直営店などを全国で見かけることができる、日本で最も知られたアパレルブランドの1つだろう。

 米ギャップのビジネスモデルを基に現在の事業体を築いた「ユニクロ」、さまざまなアパレルブランドを取り扱うことで急成長を遂げた「ZOZOTOWN」運営のスタートトゥデイ…。アパレルのECを始める事業者が増加し、一部のEC業界関係者は「アパレルのEC市場は厳しくなりつつある」と見る向きがある。

 そんな中、ギャップジャパンは12年10月、日本のEC市場に参入した。「Gap」ブランドを取り扱う「Gapジャパン オフィシャルオンラインストア」と、「Banana Republic」の「バナナ・リパブリックジャパン オフィシャルオンラインストア」を開設。運営開始から約10カ月が経った現状、そしてそもそもECを始めた戦略的な狙いは。

ギャップジャパン オフィシャルオンラインストア
Gap GAP Japan Official Online Store

 全体的な米ギャップのオンライン事業について説明したい。同社は97年に「GAP」のECサイトを開設。「Banana Republic」「Old Navy」といった複数のブランドを抱える米ギャップは、続いて「Banana Republic」を、00年には「Old Navy」のECサイトを立ち上げる。

米ギャップ オンラインストア
Gap オンラインストア(米国)

 米ギャップは「ECの開拓者的な役割を果たした」(イェン氏・写真右)という。

 10年度に入り国際市場に進出。大きな転機と位置付ける同年、カナダで上述の3ブランドのECサイトを立ち上げ、イギリスで「GAP」「Banana Republic」を開設した。

 同年、世界65か国に対して配送を可能にする体制を築いた。その流れは止まらない。11年には中国への店舗進出と同時にECサイトも立ち上げ、翌年、日本でもECサイトを開設した。

 11年度のオンライン売り上げは約15億ドルで、総売上の約11%。米ギャップは14年度までにオンライン売り上げを20億ドルまで引き上げる計画を掲げている。日本を含めたアジア進出はその目標達成のための起爆剤となるのだろうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
日本市場は「期待以上に急成長」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC・通販最前線連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

TAMA(タマ)

 流通系専門紙の編集に携わる。現在、サラリーマンをしながら、フリーライターとして執筆活動中。活動ジャンルはITと流通周り。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング