SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

ハーゲンダッツ、“最適な食べ時”を通知してくれるお洒落なARアプリ

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載。暑い夏にアイスを食べるのは至福のひととき。ハーゲンダッツはさらに優雅に、おいしくアイスを食べてもらうために、素敵なアプリをリリースしました。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2013年
  • 国名:USA
  • 企業/ブランド:Haagen-Dazs
  • 業種:食品

アイスを食べるときは焦っちゃダメ

 高級アイスクリームとして知られるハーゲンダッツのアイスは、冷凍庫から取り出して2分経過後が、適度に柔らかくなって“食べ頃”だといいます。

 先日アメリカでハーゲンダッツがリリースしたiOSアプリは、そんな“最適な食べ時”を通知してくれるユニークなタイマーアプリです。その名も“Haagen-Dazs Concerto Timer”

 アプリをダウンロード後、開けたばかりのハーゲンダッツのアイスの「蓋」にiPhone/iPadのカメラをかざします。すると、ディスプレイにヴァイオリニストがARで現れて、食べどきになるまでの間、クラシックの名曲「バッハのインベンション14番」を演奏してくれるという仕掛けです。

 アイスのフレーバーによって、ヴァイオリニストではなくチェリストが登場して演奏することもあるようです。

 このアプリは、ハーゲンダッツアイスの蓋を開けた後に、“早く手をつけたい”という誘惑に打ち勝ち、心を落ち着けてもらうためのひとつの演出として考案されたといいます。

 「アイスがいい具合で溶けるまでの間、クラシックの演奏を目と耳で楽しんでもらおう」というコンセプトのアプリ。新しい角度からブランドとの接点を持たせられますね。ブランドの特別感を演出できる、素敵なアプローチだと思いました。

 なお、Haagen-Dazs Concerto TimerアプリはUS専用アプリです。日本版のリリースも期待したいところですね。

動画はコチラ

 先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング