SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

スモールビジネス向けO2Oプラットフォーム!LINE@活用企業特集

読者の1割超にLINE@でリーチ!金銭的メリット以外の、ユーザーがうれしい情報とは?集英社 マーガレット編集部の事例

 LINEをO2Oプラットフォームとして、スモールビジネス向けに提供する「LINE@」。その活用に取り組む企業の事例を、本連載では紹介していく。第四弾は、メディア企業のLINE@活用事例として、株式会社集英社 マーガレット編集部 編集長の澤野雄二氏にお話しをうかがった。(バックナンバーはこちら)

今回お話をうかがったのは…
株式会社集英社 マーガレット編集部 編集長
澤野雄二氏
1990年に集英社に入社後、月刊青年漫誌『ベア―ズクラブ』(現在は休刊)編集部に配属。半年後に『週刊ヤングジャンプ』編集部へ異動。2004年から現在の『マーガレット』編集部に所属し、入社以来、漫画畑を歩む。

今日の読者は“生っぽいもの”を求めている

 主に中高生の読者を多く抱える少女漫画誌『マーガレット』。平均読者年齢は14歳、発行部数は6万部で、定価は税込み350円。毎月5・20日の月2回発行。ハラハラどきどき、ストーリー展開が早い点が、月2回発行の漫画誌の特徴だという。代表的な掲載漫画としては『メイちゃんの執事』『スイッチガール!!』『猫と私の金曜日』などがある。

 「『マーガレット』に掲載されている漫画の面白さや雑誌の特徴を知ってもらうために、漫画家の手書きのコメントや編集者の手書きポップなどを、販促PRの一環として、書店で展開しています。いわゆる“生っぽいもの”を、今日では読者が求めるようになってきています」と、株式会社集英社 マーガレット編集部 編集長の澤野雄二氏は語る。

株式会社集英社 マーガレット編集部 編集長 澤野雄二氏

 「1990年代から2000年当初の頃とは異なり、今は大々的に露出をして宣伝展開をしていく方向性ではありません。ここ数年は、漫画家や編集者がどんな思いでその作品を作っているのかを、メッセージとして発信しています。書店、そしてTwitterやLINEなどを通して、手書き感のあるメッセージを読者に伝えています」

『マーガレット』にどんな漫画・企画が載っているのか知ってほしい

 そんな同誌の編集部は、雑誌の販促PRの一環として、今年の5月からLINE@の活用を始めた。

マーガレット編集部と友だちになると送られてくるメッセージ

 「最近では、多くの書店で雑誌は紐で梱包されており、気軽にどんな漫画が載っているのか、試し読みできないようになっています。そのため、『マーガレット』にどんな漫画が載っているのか、企画があるのかを知ってもらうきっかけを作りたい、そのためにLINEを使って情報を広げていこうと、アカウントを開設しました。

 書店でのサイン会や読者イベントを開催して、漫画家に読者が会える機会を提供するなど、“生っぽい”施策を力を入れる一方で、情報を拡散していくために、TwitterやLINEを活用しています」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
中高生に定着しつつある「LINEのある生活」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
スモールビジネス向けO2Oプラットフォーム!LINE@活用企業特集連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング