MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Google Adwords、「検索クエリ」→「検索語句」など7つの用語を変更

2013/09/19 14:00

 今回変更となったGoogle AdWordsの用語に「検索クエリ」がある。Googleでは、アカウントに登録している「キーワード」に対し、実際にユーザーが検索に使用した語句を「検索クエリ」と呼んでいるが、今回この名称を「検索語句」に変更する。

 Googleは今年8月、「専門用語に慣れるのに時間がかかった」という広告主の声をうけ、およそ20件の表記や用語の差し替えを実施。今回「検索クエリ」のほか、「サーチ ファンネル」→「検索ユーザーの行動経路」「検索クエリ パス」→「検索語句の経路」など7つの用語を新たに変更した。新しい名称は、9月中旬以降、段階的にユーザーの管理画面に反映される。今回の用語の変更は、あくまでも日本語の表記のみが変更の対象であり、機能などに影響はない。

【関連記事】
佐川急便、Google AdWordsのトライアル販売を開始
Google、第三者配信への対応などを踏まえて「AdWords」の利用規約を変更
クロスリスティング、「サーチリターゲティング広告」を配信可能とするDMPの提供を開始
メディア接触、4割がスマホ Google、デバイス利用に関する調査
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク、「サーチターゲティング」機能を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5