SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マーケティングの未来を探求!MZ Day 2007レポート

【MZDayレポート】CMS進化論 「NOREN」ではじめるWebマーケティング


「Webサイトは生き物」といういい方をよく耳にする。つまり、継続的なメンテナンスやブラッシュアップを繰り返すことによって真価が得られるという考え方だ。しかし、企業にとってそうした作業を継続するのはなかなか難しいもの。そこで近年、注目されているのがCMSの仕組みである。本セッションでは、アイアクト CMS専属ディレクター南澤祐也氏により、CMSの意義と使い方について触れるとともに、WebCMSツール「NOREN」の有用性について紹介する(この記事は2007年9月7日に開催されたMZDay2007のレポート記事です)。

部分最適化で製作された企業Webサイトを統合するCMSツール

 現在、企業のWebサイトの問題が徐々に表面化しているという。その一因として、南澤氏は、デザインや構成などの面で全社的な統一を図らずに、各部門でばらばらに構築会社に依頼したことを上げる。

株式会社アイアクト 南澤祐也氏


 そのため、都度発注となってスケジュールが煩雑になったり、問題の共有や品質の確保が図れなかったり、さまざまな弊害が生じてきているというのだ。特に近年、コンプライアンスに対する意識が高まる中で、IR情報等、重要情報に対する権限の管理や、公開情報に対するアクセス権の明確化が必要になってきているが対応できず、当然、サイト全体で取り組むべきSEO対策など、検索エンジンを意識した対応も十分にとれていないのが現状だ。

 本来であれば、全社的に集客戦略を練り、サイト導線やナビゲーション、およびコンテンツ企画までを計画する必要がある。そしてその設計図に基づいて施策を実行し、全体的な評価・分析を行うといった「Plan Do see」サイクルが構築できていれば望ましい。しかし、すでにWebサイトが構築されており、それがいかにバラバラであっても、それを活かすことを望みたくなるのが人情というものだろう。

 そこで、このようなさまざまな問題、特にデザインや構成の統一感を図り、コンテンツやアクセス権限などの管理を徹底するために、有用なツールとして近年CMSが注目されている。なかなか「Plan Do see」全体を統一するのは困難ではあるが、Doの部分から統一を図ることで、実質的な運用を簡便化しようというのが目的だ。ページ構成要素を管理することで、業務承認作業やアップの権限といったコンプライアンス対応としての業務フローが確立できることも利点といえるだろう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
CMSで製作現場を効率化し、戦略的かつ積極的なサイト構築へシフト

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケティングの未来を探求!MZ Day 2007レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/01 13:20 https://markezine.jp/article/detail/1854

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング