SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、「マルチデバイス対応」を含むサイトリターゲティングの機能改善

 Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の広告掲載方式「サイトリターゲティング」において、以下の機能改善を行なった。

  1. 「訪問履歴の有効期間」の延長および期間変更機能の追加
  2. 「訪問履歴の蓄積」の制御機能を追加
  3. ターゲットリスト作成時に条件設定の有無の選択機能を追加
  4. ターゲットリストのコピー機能を追加
  5. マルチデバイス対応

 「訪問履歴の有効期間」では、これまで30日間固定だったターゲットリストの「訪問履歴の有効期間」を最大540日間に延長(初期設定値は90日間)。「訪問履歴の蓄積」に制御機能を追加することによって、ターゲットリストごとに、訪問履歴を「蓄積する」「蓄積しない」の選択が可能になった(本機能はターゲットリスト種別が「条件」の場合のみ適用される)。

 ターゲットリスト作成・編集画面では、「条件を設定する」「条件を設定しない」の選択が可能になった。「条件を設定しない」場合は、デフォルトリストと同様に、サイトリターゲティング用タグを設置したページの訪問者すべてが広告配信対象となる。また、作成済みのターゲットリストの設定内容をコピーして、新規ターゲットリストの作成が可能になった。

 また、同一ユーザーに対して、デバイスをまたいでサイトリターゲティング広告を配信するマルチデバイス対応を実施。ヤフー独自で保有する訪問履歴を利用するため、異なるデバイスであってもユーザーの訪問履歴は引き継がれる(デバイス間でユーザーの訪問履歴は引き継がれない場合もある)。

 さらに、これらの機能改善にともない、現在利用中のターゲットリストをアップグレードしたことも発表している。

【関連記事】
クロスリスティング、「サーチリターゲティング広告」を配信可能とするDMPの提供を開始
AMoAd、ウェブとアプリを横断したスマホ向けリターゲティング広告
ツイッター上でリターゲティングできる「tailored ads」
コマースリンク「DFOマネージャー」、CRITEOのリターゲティング広告に対応
GDO、「Rtoaster Ads」で高精度なリターゲティング広告をサイト内外へ配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/30 12:30 https://markezine.jp/article/detail/18552

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング