SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

音声認識で見ている番組を判別 セカンドスクリーン番組表アプリ「ねこバン!」リリース

 セカンドスクリーン番組表アプリ「ねこバン!」は、ユーザーが見ているテレビ番組を判別し、ボーナスコンテンツ、番組関連情報、放送番組の人気リストなどを楽しむことができるもの。

 テレビ番組を判別すると、アプリの画面にユーザーのテレビ鑑賞の「お供」をするネコキャラクターが登場。番組を認識するたび、ネコが現れてプレゼントを届けてくれる。ユーザーは番組情報を見るたびにネコと遊ぶことができ、プレゼント集めに夢中になるという仕組みだ。

 テレビ番組の判別には、グレースノートのコンテンツ自動認識(ACR)技術『Gracenote Entourage (グレースノート・アントラージュ)』を採用。タブレットやスマートフォンに内蔵されたマイクを使ってテレビ番組の音声を数秒拾い、その音声から番組を判別する。

 iOS、Android版ともに2013年10月9日にリリース。開発元のバスキュール代表取締役 朴正義氏は「テレビの音声をアプリで認識するという行為をもっとエモーショナルなものにするために、アニメーションやゲーミフィケーションにこだわりました。グレースノートのACR技術を活用することで、これまでにない楽しく新しいかたちのセカンドスクリーンアプリを目指すことができたと思います」とコメントしている。

【関連記事】
デンソーとヤフー、音声で目的地検索/簡単な会話ができるカーナビ実現へ
アニメ「宇宙兄弟」「名探偵コナン」、セカンドスクリーンアプリでスタンプラリー実施 音声認識技術で番組と連動
クラリオン、Googleの音声認識・検索サービスを使って自動車向けクラウドサービスを拡充
日立とBS‐TBS、音声SNS事業で業務提携
グーグル、「ドラえもーん」と呼びかける音声検索「みらいサーチ」オープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/10 10:00 https://markezine.jp/article/detail/18628

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング