SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ベンチャー企業に焦点を当てた新メディア「CNET Venture View」がオープン

 CNET Networks Japan(シーネットネットワークスジャパン株式会社)はメディアサイト「CNET Venture View」の運営を開始した。

 同サイトはITやインターネットに関連したベンチャー企業専門のサイトで次世代を担う新しいビジネスやテクノロジーの動向に焦点を当てる。またベンチャー企業の情報をいち早くピックアップして提供も行う。

 具体的には「経営者」、「企業家」、「投資家」、「ベンチャーキャピタル」といったベンチャー市場に携わる人達が、直接情報を発信し交流できるサービスを展開。また話題の企業や今後有望な企業から提供される情報とCNETの編集コンテンツを合わせてより深い理解が得られるようにする。

 さらにサイトと連動したセミナーやカンファレンス、ワークショップも開催していく予定。

CNET Networks Japan

今日の一言

 ついにベンチャー企業にだけ焦点を集めたサイトの登場です。これまで採用情報やプレスリリースなどを扱ったものはあっても、ビジネスやテクノロジー、企業情報に特化したものは少なかったのではないでしょうか

 具体的なコンテンツは「ニュースリリース」、経営者の「ブログ」や「コラム」、「企業情報」で構成されています。中でも「企業情報」は注目です。代表者名や企業URLはもちろん、事業内容を含む簡単な紹介文から株価情報まで掲載されていて、かなりの情報量です。ベンチャー企業だけを集めた四季報といった印象を受けます。

 企業間での情報交流や投資活動の際にはもちろん、個人投資家にとってのバロメーターにもなり得るのではないでしょうか。今後に期待です。

<関連サイト>

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング