SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

清水誠氏、ビジネスサーチテクノロジの社外CAOに就任

 清水誠氏は、サイト内検索エンジンの研究開発・販売・ASP/SaaS提供、ソフトウェア研究開発・コンサルティング事業を展開しているビジネスサーチテクノロジの社外CAO(Chief Analytics Officer)に就任した。

 清水氏は、アメリカを中心に活動するWeb解析・情報アーキテクチャの専門家で、執筆、セミナー、著名企業での実践、顧問などを通じて業界の発展に大きく貢献。先日、日本アドバタイザーズ協会 Web 広告研究会が発表した、第1回Webグランプリの「Web人部門」で「Web人賞」を受賞している。

ビジネスサーチテクノロジ代表取締役CEO 城野洋一氏(左) 清水誠氏(右)
ビジネスサーチテクノロジ代表取締役CEO 城野洋一氏(左) 清水誠氏(右)

 今回の就任は、ユーザ視点のサービスデザインとデータ解析を実践することで、ユーザ体験(UX)とマーケティングのバランスが改善され、企業の魅力と収益性が高まると考える同氏と、検索システムから得られるユーザ行動を分析して、マーケティング活動に貢献したいと考えるBSTの方向性が一致したことで実現した。

 清水氏は、凸版印刷や外資Webエージェンシーにて情報アーキテクチャの分野を開拓しつつ大手企業へのWebコンサルティングを提供。国内でさまざまな活動を展開したのち、2011年に渡米。米国ユタ州のAdobe Systemsにてデジタルマーケティング製品の品質・プロセス改善に取り組む傍ら、執筆や帰国時のセミナー活動も続けている。アクセス解析イニシアチブプログラム委員。SiteCatalystユーザ会「eVar7」共同創始者。サンクトガーレン社外CMO。株式会社イード社外CAO(Chief Analytics Officer)。電通レイザーフィッシュ社外フェロー。

【関連記事】
清水誠氏、電通レイザーフィッシュの社外フェローに就任
ヤフー、リアルタイムアクセス解析ツール「Yahoo!アクセス解析」提供開始
Ptmind、スマホからPCまで解析できるヒートマップ型アクセス解析ツール「Pt engine」英語版
電子書籍の解析ツールとランキングデータを無料で提供する「App Annie for eBooks」
アドビ、プレミアム動画配信収益化プラットフォーム「Adobe Primetime」に動画計測機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング