SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

OracleがResponsysを買収、B2CとB2Bに対応したマーケティングソリューションを提供

 Oracleは、B2Cマーケティングツールを提供するResponsysを15億ドルで買収することで合意した。Responsysは、クラウドベースのB2Cマーケティングソフトウェアをエンタープライズ向けに提供。メール、モバイル、ソーシャル、ディスプレイ、ウェブを包含する「Responsys Interact」は、リレーションシップベースのマーケティングを支援する。

 Oracleは2012年12月に、マーケティング自動化ツールのEloqua買収を発表。日本オラクルが今年11月提供を開始した「Oracle Eloqua」は、イベント、セミナーや広告等で取得した多数のリードから、有望な見込顧客として営業部門に情報を渡すまでのプロセスを自動化するマーケティング・オートメーションの仕組みを提供する。

 Oracleは2012年12月に、マーケティング自動化ツールのEloqua買収を発表。今回Responsysを買収することで、OracleのMarketing CloudにResponsysとEloquaを統合。CMOを支援するツールとしては初めて、B2CとB2Bのビジネスモデルをあわせもつソリューションとなる。

【関連記事】
オラクル、マーケティング自動化ソリューションのエロクアを8億1000万ドルで買収
リードナーチャリングを自動化する「Oracle Eloqua」提供開始
BtoB企業が投資している施策は「展示会」から「メルマガ配信」へ、リード育成に高まる関心
電通イーマーケティングワンとレスポンシス、戦略的販売パートナー契約締結
IMJ、「Responsys Interact Suite」活用支援サービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング