SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ジェイ・コウガミの“デジタル音楽の新潮流”

Beats Music:圧倒的な人気を誇る高級ヘッドフォンブランドが手がけた定額制音楽サービスはSpotifyを脅かす存在になれるのか?

 2013年は、iTunesストア開設後はじめてデジタル音楽の売上が減少した年になりました。その一方で、人気音楽サービス「Spotify」の日本上陸が秒読み段階に入るなど新たな動きも出ています。今回はそのSpotifyの競合となるであろう注目の新サービスを紹介。ビジネスモデルの違いを徹底比較します。

iTunesストアでデジタル音楽の売上がはじめて減少

 昨年は、この連載を読んで頂きありがとうございました。今年も世界の先進的な音楽ビジネスのトレンドをご紹介していきますので、何卒よろしくお願い致します。

 いきなりですが、あまり良くないニュースから始めたいと思います。先日、2013年アメリカの音楽売上データが発表されました。その内容はCDなどフィジカルが継続して減少する一方で、iTunesストアが始まって以来、初めてデジタル音楽の売上が減少するというショッキングな結果となりました。デジタルダウンロード売上が振るわなかった原因のひとつに挙げられているのは、音楽ストリーミングサービスの人気です。

 ここ最近、日本でも月額料金を支払うと楽曲が聴き放題になる音楽サービス「Spotify」の話題をオンラインニュースなどで目にする機会が増え、定額制の音楽サービスへの期待が高まっていると言えます。さらに2月に開催される「Social Media Week TOKYO」でもSpotifyが基調講演を行う予定となっており、Spotifyも日本でのローンチに向けて着々と準備に入っていることがうかがえます。

 このように、音楽ストリーミングは今後大きく拡大する可能性を秘めている領域で、海外ではこの好機を見逃すまいと多くの企業が参入し始めています。そして今月、2年以上の開発期間を経て満を持して開始したサービスがあります。それがBeats Musicです。

音楽ビジネスの常識を破り続けるヘッドフォンメーカー

 Beats Musicを運営するのは、Beats Electronicsというオーディオメーカーです。あまり聞いたことがない会社かもしれませんが、皆さんの中にも、赤や白やゴールドで大きな「b」マークを付けた派手目なヘッドフォンを見たことがある人がいるのではないでしょうか? Beats Electronicsはそのヘッドフォンブランド「Beats by Dr. Dre」を展開するアメリカの企業です。

 Beats by Dr. Dreはアメリカでは主に300ドル以上の価格が付けられる「高級ヘッドフォン」の製品カテゴリーに分類されます。大抵の場合、高級ヘッドフォンのイメージといえば、Hi-Fiシステムやホームシアター用に最適化された、マニアが愛用する黒いボディのヘッドフォンを想像されると思います。ですがBeats by Dr. Dreはそのイメージを完全に壊し、派手な赤や黄色、白などカラフルなボディにカラーリングされた、洋服やスニーカーのようなヘッドフォンを製品化しています。

 ヘッドフォンメーカーが音楽サービスを展開することは、ヘッドフォンやオーディオ機器を製造し音楽サービス「Music Unlimited」を展開するソニーに近いと思われる方がいるかもしれません。しかし、Beatsのヘッドフォンが従来のオーディオメーカーと大きく異なる点があります。それは音楽だけでなく、音楽以外からの切り口でも積極的にマーケティングを展開している点です。

 Beatsブランドのスポークスパーソンはミュージシャンとは限りません。テレビ中継されるスポーツの試合で、Beatsのヘッドフォンを付けて颯爽と会場入りするバスケ選手やサッカー選手であったり、これまではブースの後ろで目立たない存在のDJなど、各分野で強い影響力を持つ個性的な人たちがBeatsのマーケティングに登場します。このアプローチはナイキやアップルに近いかもしれません。音楽好き以外の消費者も、スポーツやセレブリティなど自分が関心ある領域からBeats製品と接触し、Beats by Dr. Dreは「カッコイイ」というイメージを持ちやすくなるのです。

 Beatsのヘッドフォンは若者の間で人気製品となり、さらに多くのミュージシャンやDJ、スポーツ選手の間でも重宝されるまでに人気に拍車がかかっていった結果、この製品カテゴリーでは市場の60%以上のシェアを獲得するまでにいたりました。

 そのBeats Electronicsが展開する次なる事業、それが「Beats Music」、そしてこの音楽サービスは、ヘッドフォンのビジネスと同様にSpotifyともPandoraともiTunesともまったく違う、斬新なサービスに仕上がっています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
SpotifyともPandoraとも全く違う、音楽サービス!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ジェイ・コウガミの“デジタル音楽の新潮流”連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ジェイ・コウガミ(ジェイ コウガミ)

海外の音楽とテクノロジーの動向を追いかけるブログを書いています。デジタル音楽をテーマに、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスや音楽サービス、新しいテクノロジー、業界の最新動向、クリエイティブなデジタルPR事例、企業の音楽マーケティングなどをいち早く日本で紹介しています。米国オレゴン大学卒。雑誌やオンラインで音楽関連の寄稿記事を書いています。Twitter: @jaykogami Facebook: jaykogami ブログ:http://jaykogami.com

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/31 10:00 https://markezine.jp/article/detail/19186

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング