SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オンライン・ディスプレイ広告費、32%増/不動産広告費が大幅に伸長【世界の広告費調査】

 ニールセンは、全世界の広告費を調査するGlobal AdView Pulseの2013年第3四半期(7-9月)版の結果を発表した。それによると、広告費は世界全体で緩やかな増加を続け、2013年第3四半期は前年比で3.2%、2013年1月-9月期累計でも3.2%増加していることが明らかになった。

地域別広告費:アジア地域は引き続き増加

 アジア太平洋における広告費の伸びは引き続き力強く、2013年1月から9月までの期間に前年比で7.0%伸長し、世界全体の広告支出を押し上げる要因となっている。

 一方、苦境が続いていた欧州の広告市場にはようやく明るい兆しが見え始め、第3四半期は前年同期比0.4%減と、ごくわずかな減少にとどまった。欧州の広告市場の落ち込みもようやく底に達したようだ。

 北米の第3四半期の広告費は微増(1.3%)にとどまったが、それでもなお、年初からの累計で見ると前年比1.7%の増加に。また2012年同期には、大統領選挙を控えた米国メディアに政治広告が溢れていたので、今期の減少はその反動によるところも少なからずあるだろう。

媒体別広告費:オンライン・ディスプレイ広告が大躍進

 2013年第3四半期の媒体別広告費では、年初からの傾向に大きな変化は見られず、テレビとオンライン・ディスプレイ広告の伸びが世界全体の広告費成長を支える状況が続いている。

 調調査対象国は限られているが、オンライン・ディスプレイ広告は年初から第3四半期までに前年同期比32%超の成長を遂げている。オンライン広告は、広告業界における「有能な新参者」として認められつつあり、広告主もオンラインの重要性が急速に高まっていると広く認識している。

 一方、オンライン・ディスプレイ広告への支出が急速に拡大する中でもテレビ広告費は4.3%増加し、広告費全体の57.6%という圧倒的なシェアを保ち続けている。

 また、同時期のラジオ広告費に関しては、欧州で6.5%の減少、中南米では12.4%増加しており、世界全体でみると第1~第3四半期までの累計で前年比0.7%減に。さらに、新聞、雑誌、映画広告もそれぞれ2.2%、1.1%、1.3%ずつ減少しており、これらの予算をテレビとオンライン・ディスプレイ広告へと振り分ける傾向が強まっているようだ。

産業別広告費:世界全体で不動産広告費が大幅に伸長

 産業別に見ると、2013年1月-9月期までの間に最も高い伸び率を記録したのは鉱業・農業・不動産・サービス業と、一般消費財(FMCG)のカテゴリーだった。

 鉱業・農業・不動産・サービス業のカテゴリーでは、特に不動産業の広告費が世界全体で11.3%増と大きく伸長しました。この原動力となったのが伸び率33.9%増のアジア太平洋で、2012年秋の米国大統領選挙の反動から5.7%減となった北米を補ってなお余りある増加だった。

 また、一般消費財の広告費も前年を上回る状態が続いており、世界全体で6.0%増に。産業別広告費のトップシェア(21%)を占め、成長を続ける一般消費財産業には、食品・飲料、化粧品や日用消耗品などが含まれるが、このカテゴリーへの広告出稿には減少の気配すら見られない。

 一方、他の産業では広告費を抑制する動きも目につく。自動車産業は世界全体で広告費が縮小され、今四半期までの累計で前年比1.9%減に。中でも欧州では11.2%の減少と縮小幅が一段と大きくなっているが、アジア太平洋においても自動車産業の広告費は6.8%減少している。衣類・アクセサリー産業と金融業の広告出稿でも保守的な傾向が強まり、広告費は2013年1月から9月までの累計でそれぞれ前年比1.7%、1.0%の減少となった。

【関連記事】
2014年世界の広告費、ワールドカップ/冬季オリンピック等の効果で4.5%増予測
FC2が新サービス「FC2まとめ」をリリース、アクセス数に応じて広告費を還元
世界のモバイル広告費は89億ドル、検索とディスプレイがともに80%以上の高成長率
2013年のRTB経由ディスプレイ広告市場規模、前年比153%の392億円【マイクロアド調査】
2013年Q4、米国ではスマホ広告とPLAが驚異的な成長

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/02/03 12:43 https://markezine.jp/article/detail/19244

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング