MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アジア太平洋&日本でクリック単価上昇、日本ではモバイルが後押し【Kenshooリスティング広告調査】

2014/02/03 14:00

 Kenshooが1月29日に発表した調査結果によると、昨年の第4四半期、アジア太平洋および日本 (APJ)のリスティング広告市場は検索広告への支出が28.6パーセント上昇。特に日本市場は、スマートフォン広告から大きな影響を受けているモバイル検索によって後押しされている。

 また、2012年と比較して、APJ地域のクリック単価またはオンライン広告に検索マーケターが支払う金額が年35.2パーセントの急激な上昇を示している。Kenshooの調査は、Yahoo! Japan、Google、およびその他のネットワーク間でキャンペーン管理プラットフォームを利用している、広告主や広告代理店などのグローバルな有料検索広告支出における50億ドルという金額に基づいている。

【関連記事】
クロスリスティング、「サーチリターゲティング広告」を配信可能とするDMP提供
アイレップ、Facebook広告専用入札アルゴリズムで最適化する「Kenshoo Social」販売
オンライン・ディスプレイ広告費、32%増/不動産広告費が大幅に伸長【世界の広告費調査】
2014年世界の広告費、ワールドカップ/冬季オリンピック等の効果で4.5%増予測
DAC、記事内動画広告「In-Read」配信ソリューション提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5