SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

Yahoo! JAPANのデータを活用したコンサルティングでマーケティングを支援する「Qubitalデータサイエンス」発足

 「マーケティングイノベーション室」の設立、広告ソリューションのリニューアルと、近年まさに“爆速”を感じさせるドラスティックな変革を続けているYahoo! JAPAN。本連載では、最新のテクノロジー事情を交えて、今後のマーケティングの展望や課題を掘り下げていく。今回は、1月に設立されたYahoo! JAPANとブレインパッドによる合弁会社、株式会社Qubital(キュービタル)データサイエンスの役割を中心に、データ分析コンサルティングについて探った。

ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー
ディスプレイ広告ユニット ユニットマネージャー 高田徹氏(写真左)
株式会社Qubital(キュービタル)データサイエンス
代表取締役社長 兼 CEO 草野隆史氏(写真中央)
取締役副社長 兼 COO 山口陽平氏(写真右)
ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー ディスプレイ広告ユニット ユニットマネージャー 高田徹氏株式会社Qubital(キュービタル)データサイエンス 代表取締役社長 兼 CEO 草野隆史氏取締役副社長 兼 COO 山口陽平

データ分析のコンサルティングを行える人材育成に注力

 MarkeZine編集部(以下、MZ):まずは、この1月に設立された株式会社Qubitalデータサイエンス(以下Qubital)について、事業内容をお教えください。

 高田:ヤフーとブレインパッドによる合弁会社、Qubitalでは、マルチビッグデータの分析とコンサルティング事業を行っていきます。同時に、それができる人材の育成に力を入れていきます。

 MZ:社名が発表されたのは1月ですが、計画としては昨年11月にヤフーのマーケティングソリューションカンパニーが発表した新戦略に基づくものですね。

 高田:ええ。その際、個々の広告主が持つデータと、当社の膨大なデータを統合管理できるプライベートDMPの提供を発表しましたが、それに伴って高度なデータ分析ができる人材の必要性も見据えていたので、その時点で合弁会社の設立も発表していました。

 データと、それを支えるプロダクトは、ヤフーだけで用意できるかもしれません。ですが、広告主企業とひざを突き合わせて課題を洗い出し、根本的な解決を図っていくには、やはり人の力が不可欠です。そこで、データ分析やデータ関連サービスを専門とした国内唯一の上場企業であるブレインパッドに協業を打診し、データサイエンティストの育成の部分を担っていただくことになりました。

企業のデータとヤフーのデータを連携し、膨大な基盤を構築

 MZ:打診されて、ブレインパッドとしてはいかがでしたか?

 草野:直感的におもしろそうだと思い、ぜひやりたいと即答しました。当社は分析ができる人材は一定量有していますが、クライアントのデータを使って分析をするので、データの品質や量が十分でないと、どんなにコンサルの能力や分析技術が優れていても価値を出しづらいというジレンマもあります。ヤフーには質、量ともに日本で有数のデータベースがあるので、それを基盤にわれわれの人材育成のノウハウを生かしてコンサルティングをしていくのは、非常に野心的なチャレンジだと思いました。

 MZ:草野さんがQubitalの代表取締役社長を務め、ヤフーサイドからは山口さんが取締役副社長に就くのですね。

 山口:そうですね。私はヤフーでは財務・事業戦略部に属し、マーケティングソリューションカンパニーの中期計画の作成や、外部企業とのアライアンスの管理進行などに携わっております。

 MZ:既存のデータ分析コンサルティングサービスとの違いは、どのような点ですか?

 草野:Qubitalのコンサルティング事業は、基本的にヤフーのDMPサービスと対になるもので、ヤフーが有するデータとクライアントが有するデータを掛け合わせて分析を行っていきます。これが、他のデータ分析コンサルティングサービスと最も違うところです。自社のデータに対していくら高度な分析を行っても得られない情報を提供できます。

次のページ
デジタル環境の充実によってネット系企業の関心も向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/04 22:29 https://markezine.jp/article/detail/19267

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング