SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(AD)

Yahoo! JAPANの“一等地”に広告掲載!DMM TVが活用した「トピックスPR」のリーチ力

 DMM.comは2023年6月、同社が運営する動画配信サービス「DMM TV」の認知拡大を目的に、「Yahoo! JAPAN」トップページのスマートフォン版「Yahoo!ニュース トピックス」直下に掲載できる広告メニュー「Yahoo! JAPAN トップページ トピックスPR SP」を活用した。これは、LINEヤフーが提唱する、ユーザーに新しい出会いをもたらす「セレンディピティ・マーケティング」の考えのもとに生まれた広告商品だ。ユーザーからの注目度が非常に高い枠に、少ない工数で膨大なリーチが獲得できる枠とあって、DMM TVにおいても、掲載後はYahoo! JAPANからの検索流入が急増したという。本記事では、トピックスPRの活用背景や施策内容、その成果について、DMM.comの豊田翔大氏に話を聞いた。

幅広いジャンルのエンタメコンテンツを楽しめる動画配信サービスDMM TV

MarkeZine 編集部(以下、MZ):最初にDMM TVのサービス概要を教えてください。

豊田:DMM TVは2022年12月1日にリリースした、DMM.comが運営する動画配信サービスです。月額550円(税込)の「DMMプレミアム」に加入することで、新作から独占配信作品、そしてオリジナル作品まで、アニメ約5,400作品を含む17万本(2023年7月時点)のコンテンツをお楽しみいただけます。

 さらに「DMMプレミアム」の加入特典として、DMMグループが提供しているDMMブックスやDMM GAMES、オンラインくじのDMMスクラッチなど、様々なサービスをお得に楽しめます。

合同会社DMM.com マーケティング本部 デジタルマーケティング部 豊田翔大氏
合同会社DMM.com マーケティング本部 デジタルマーケティング部 豊田翔大氏

MZ:他にも数多くの動画配信サービスがありますが、DMM TVではどのようなマーケティング戦略を取ったのでしょうか。

豊田:リリース当時は、アニメ好きの方をメインターゲットに置いていたので、アニメ作品のラインナップが充実していることを訴求していました。しかし、サービスを運営していく中で、バラエティ作品を中心に作品ラインナップが広がってきたため、現在はエンターテインメント全般に興味・関心が高い方をターゲットにマーケティング活動を行っています。

DMM TV
DMM TV

MZ:エンターテインメントの興味・関心層がターゲットとのことですが、ターゲットとしている性年代はありますか。

豊田:性別としては男女問わず、年齢に関してはエンターテインメントや流行に敏感な20〜39歳を想定しています。

テレビCMなどの認知施策とデジタル広告での獲得施策を展開

MZ:エンターテインメント好きをメインターゲットに、どのような広告戦略を設計しているのでしょうか。

豊田:広告戦略は認知と獲得、それぞれの目的に合わせたメディアプランを組んでいます。認知に関しては、テレビCMや動画広告、屋外広告などを展開しています。

 獲得(新規会員登録)に関しては、Yahoo!広告をはじめとした広告プラットフォーム、SNS広告を運用し、効果の最大化を目指しています。検索広告やディスプレイ広告といった広告メニューを活用しています。

MZ:その中でYahoo!広告をどう評価していますか。

豊田:Yahoo!広告は、特に「Yahoo!広告 検索広告」のコンバージョン率(CVR)が高く、他のプラットフォームと比較しても貢献度が高いです。また、「Yahoo!広告 ディスプレイ広告(運用型)」にも力を入れています。

次のページ
膨大なリーチが見込める「トピックスPR」の魅力とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

タカハシ コウキ(タカハシ コウキ)

1997年生まれ。2020年に駒沢大学経済学部を卒業。在学中よりインターンなどで記事制作を経験。卒業後、フリーライターとして、インタビューやレポート記事を執筆している。またカメラマンとしても活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:LINEヤフー株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/24 10:00 https://markezine.jp/article/detail/43572

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング