SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2014年世界の広告費、成長率4.8%増・5,510億米ドルと予測【世界の広告費成長率予測】

 電通グループのCarat(カラ)は、世界の広告費の成長率予測を発表した。同社は世界82か国のネットワークを通して収集した情報に基づき、59地域の広告費の成長率を独自に分析・推計。広告費は、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、映画館広告(シネアド)、屋外/交通広告、デジタルを含む。

 2013年の世界の広告費の成長率は、前年比3.3%増となった。そして、2014年の世界の広告費は、ロシア・ソチでの冬季オリンピック・パラリンピック、ブラジルでのFIFAワールドカップなどのイベントにより、成長率は前年比4.8%増、5,510億米ドルと予想。

 特に成長率が顕著なのは、ラテンアメリカ(前年比12.8%増)であり、アジアパシフィック地域(前年比5.6%増)も順調に成長する見込み。また、アベノミクス効果や2020年のオリンピック・パラリンピックの開催決定により、日本の広告費の成長率は、2014年、2015年ともに前年比1.7%増と予測。日本は4年連続で前年を上回る見通し。

 また、2015年の世界の広告費は、経済情勢が世界的にポジティブな傾向にあることから、その成長率を前年比5.0%増と予測。

【関連記事】
デスクトップ検索広告費は大幅に減少、モバイルへのシフトが鮮明に【米国広告費予測】
「2013年 日本の広告費」、総広告費は5兆9,762億円で2年連続増加
オンライン・ディスプレイ広告費、32%増/不動産広告費が大幅に伸長【世界の広告費調査】
2014年世界の広告費、ワールドカップ/冬季オリンピック等の効果で4.5%増予測
オンライン・ディスプレイ広告、26.3%増の驚異的な伸び【ニールセン世界の広告費調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/28 17:00 https://markezine.jp/article/detail/19564

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング