SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバイルならではの使いやすさを追求、Yahoo!のモバイル検索「oneSearch」

 ヤフーは、携帯電話向けサービス「モバイル版Yahoo! JAPAN」における、Yahoo!検索「oneSearch(ワンサーチ)」のコンセプトの詳細を10月22日に発表した。

 「oneSearch」のゴールは、利用者の意図を理解し一目で知りたい情報を提供する、新しいモバイル検索を提供すること。たとえば「六本木」というキーワードが入力されたとき、周辺地図、店舗情報など多種多様な情報の中から最適な検索結果を提供するため、一般的な検索傾向の分析はもちろん、利用者個人の属性、検索履歴、行動履歴などを参照し、さらに時間帯やエリアなどを加味して、検索結果を表示する。同じキーワードを検索した場合でも全員に同じ検索結果を提供するのではなく、その利用者に一番適した検索結果を提供することを目指し、2008年度中にこの機能を実装。順次その他の機能を追加するとしている。

 その第一段階として、ソフトバンクのポータルサイト「Yahoo!ケータイ」において、検索結果表示画面の大幅な改善を行い、ダイレクト・ディスプレイの機能を実装したこともあわせて発表。「ダイレクト・ディスプレイ」とは、検索結果をモバイル検索独自のアルゴリズムによって、直接画面上に表示するシステムで、例えば「六本木 ミッドタウン」と検索すると、画面上部に地図が表示され、「レシピ 酢豚」と検索した場合は、酢豚の画像と作り方が表示される。

「六本木 ミッドタウン」で検索したときの結果表示画面。左がリニューアル前の画面。

 ダイレクト・ディスプレイに対応するのは、ニーズの高い画像情報や、「地図」、「天気」、「台風」などの地域情報、「駅名」、「路線」などの交通情報、「占い」、「レシピ」などのエンターテインメント情報。さらに、モバイル版「Yahoo!知恵袋(チエモバ)」、ケータイサイト(公式サイト・一般サイト)、PCサイト、電子コミックや着うたなどの公式コンテンツの検索結果も、カテゴリごとにわかりやすく表示する。

「ダイレクト・ディスプレイ」によって表示された各種情報。

 また、ヤフーは、検索結果画面のデザインを大幅に変更し、カテゴリごとのジャンプ機能も実装。従来のようにすべての画面をスクロールせずに、知りたい情報にいち早くたどり着けるようユーザービリティを改善し、携帯ならではの使い勝手の良さを追求している。

プレスリリース:「モバイル版Yahoo!検索「oneSearch」について」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/24 17:33 https://markezine.jp/article/detail/1980

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング