SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2014 Premium Video Ad(AD)

オンライン動画広告はマーケティングコミュニケーションに不可欠な時代に

動画広告の種類とKPI

 では、現在どのような動画広告の種類が利用されているのだろうか。松矢氏は各種類の利用件数を踏まえて、次のような図を提示する。

 「リーチが広くインベントリー(在庫)の数が多いのは、底辺に据えたインバナー広告です。おそらく数年はこの形だと思います。一方、当社で主に提供しているのは、上部のインタラクティブプリロールとプリロール広告です。もちろん他の3つにも対応はしていますが、やはりテレビCMに近い効果を見込むなら、プリロール広告や、さらにその中でユーザーの関心に合わせてほかの要素を見せられるインタラクティブプリロール広告を強く推薦しています」

 合わせて、各広告でKPIとしてよく使用される効果測定指標も提示された。プリロール広告の場合はテレビCMに最も近い広告として「最後まで閲覧されたか」が効果を大きく左右するので、完全視聴率を追う場合が多い。実際の購買や来店誘引などのアクションは、バナー広告では指標に取ることが難しい面もあるが、インタラクティブプリロール広告なら指標とすることが十分に可能だという。

動画素材は「テレビCM流用」から「オンライン専用」へ

 次に、配信する動画素材について、松矢氏は「最近はオンライン広告専用の動画を用意するケースが増えてきている」と話す。動画素材には主に、(1)テレビCMを流用したもの、(2)オンライン専用の動画、(3)インバナー用の動画の3種類があるが、(1)から(2)への移行が目立っている。

 「ブランディングよりもリーチを重視するときに使われるインバナー系を除けば、昨年までは圧倒的にテレビCM流用のケースが多かったのですが、今年はそれを逆転する勢いでオンライン専用動画への注目が高まっています。やはり、オンラインでのブランドリフトや態度変容を求めるなら、それに適したクリエイティブが重要だと考える広告主が増えている表れだと思います」と松矢氏は見解を示す。

 すでに日本でも、プリロール広告やインタラクティブプリロール広告に、オンライン専用の動画を適用したキャンペーンで成果を上げている事例がある。ブランドリフト効果だけでなく、例えば視聴を通してクーポンを配布し、店舗へ送客するというO2Oにも活用されている。

 しかしプリロールや、インタラクティブプリロール広告は在庫がまだ少ない。そのため、チューブモーグルでは現在その開発にも着手している。例えば、楽天の動画配信サイト「楽天SHOWTIME」内の、東北楽天ゴールデンイーグルスのライブ中継時や、ユナイテッド・シネマ グループの公式サイト上での予告編上映時などに、両社とそれぞれ協業して動画広告枠を設定。すでにセールスを開始している。

チューブモーグルへのお問い合わせはこちらから

次のページ
海外最新事例に見る多機能な動画広告

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2014 Premium Video Ad連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/23 10:07 https://markezine.jp/article/detail/19825

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング