MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メタップス、人工知能を用いたアプリストアのパターン学習を通して、開発者の意思決定を支援

2014/06/09 14:30

 メタップスは、人工知能によるアプリストアのパターン学習を通し、アプリ開発者の意思決定をサポートするための支援業務を開始した。今後は、これらの人工知能による意思決定エンジンを、アプリ以外の領域にも応用していく。

Google Play上でのLINEの『類似のアイテム』を軸としたアプリグラフの一例

 これまで、アプリ開発における意思決定は、企画者の「経験」や「勘」といった属人的な要素に左右されるのが一般的であり、Google PlayやApp Storeでのランキングや売上順位といった点に着目した「人の目」による分析が行われてきた。

 この度、同社の研究開発部門である「Metaps Lab」で進めている機械学習の研究を、先日事業を譲り受けた「AppDataBank」の過去3年分の蓄積データ解析に応用することで、アプリマーケットでの様々なイベントのパターンを人工知能に学習させ、開発者の事業投資最適化のための予測に活かしていく。

【関連記事】
コロプラ、スマホ特化型マーケティングリサーチアプリ提供開始
中高生の6割が「課金アプリは禁止」/親の半数モバイル利用について【オプト調査】
メタップス、アプリランキング調査・マーケット分析サービス「App Data Bank」事業買収
スマホだけで動画制作から広告配信までできる、動画作成アプリ「1Roll for Business」
アップル、アプリでの仮想通貨による取引を容認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5