SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セブンはコスパ、ファミマは無料トッピングが話題に【コンビニコーヒーの口コミ調査】

 ホットリンクコンサルティングは、ソーシャルリスニングツール「クチコミ@係長」を使って、各コンビニエンスストアが展開するコーヒーの口コミ調査を行った。その結果、セブンイレブンは金額に対する品質の良さ、ローソンはグッズのかわいさ、ファミリーマートは無料トッピングが評価されていることがわかった。

口コミ数はセブンカフェが断トツ

 “コンビニコーヒー”は、セブンイレブンが2013年1月にサービスを開始したセブンカフェの登場により、一気に普及した。2012年1月から現在までのツイート数の時系列推移を確認すると、2013年4月頃からツイート数が増加傾向にあり、その大部分はセブンイレブンのセブンカフェに関する言及であった。

 2014年2月20日から2014年5月20日までの、コンビニコーヒーに関する言及を大手コンビニチェーン5社別に集計すると、セブンイレブンは過半数の56%、ローソンは26%、ファミリーマートは14%、サークルKサンクスは2%、ミニストップは1%であった。

30代以下の男性の口コミが多い傾向に

 クチコミ比率の上位3社について投稿者の属性を比較すると、各社共に男性及び30代以下が多数である一方、ローソンは女性及び20歳未満の比率が他社と比較して高いという特徴がみられた。

セブンはコスパ、ファミマは無料トッピング等、コンビニ毎に異なる評価ポイント

 また、クチコミ比率の上位3社について、具体的な言及内容を調べてみると、3社に共通なのは「美味しい」ことだった。価格の安さだけではなく、味も十分美味しいことが、コンビニコーヒーがここまで浸透した理由だと考えられる。

 各コンビニコーヒー特有に口コミされている内容の違いを分析したところ、セブンカフェ(セブンイレブン)については「豆を挽いている時の香りがいい」、「消費増税後も価格据え置きなのが嬉しい」、マチカフェ(ローソン)については「季節のカップが可愛い」、ファミマカフェ(ファミリーマート)については「キャラメルソースやシロップ、シナモンフレーバーなど、様々なトッピングが無料でできるのが嬉しい」なども評価されていることが明らかになった。

【関連記事】
2013年の年間ヒット商品トップ3は「コンビニコーヒー」「パズドラ」「アベノミクス消費」
二極化する消費嗜好に対応!進化型コンビニ「ローソンマート」オープン
ローソン、パナソニックと次世代型コンビニ実験店舗オープン
ファミリーマート、2014年春にコンビニと薬局の機能を兼ね備えた新店舗開店
月1回以上コンビニ利用者の7割超がポイントカードを所有【ライフメディア調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング