SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Rocket Fuel、人工知能で業界平均より高いブランドリフトを実現するプログラマティックバイイングソリューション「Rocket Fuel Audience Guarantee」

 「Rocket Fuel Audience Guarantee」は、広告主が動画とディスプレイの両チャネルを通じて最適なリーチを得られるようにするプログラマティックバイイングソリューション。

 Rocket Fuelは人工知能を使って高いパフォーマンスを実現することで知られるが、このソリューションでは、NielsenのOnline Campaign Ratings(OCR)、comScoreのvalidated Campaign Essentials(vCE)といった主要な調査会社が提供するキャンペーンのパフォーマンスデータを用い、いまどのくらいターゲットとするオーディエンスにリーチしているのか、業界平均と比べてどのくらいの成果を得たのかを評価。そして、リアルタイムに最適化しながら確実にターゲットにリーチできるインプレッションを選択してバイイングを行う。

 ファミリーレストランのDenny'sが行ったキャンペーンの事例では、25~54歳の男性におけるブランド検討(brand consideration)を高めることを目的としていた。comScoreのデータによると、この層における業界平均は41%。

 Rocket Fuelのソリューションを使ったキャンペーンでは、ターゲットへのリーチは一貫して60%という高いパフォーマンスを発揮し、同社に33%のブランドリフトをもたらした。

【関連記事】
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行
動画広告では9割が“テレビ的な”固定CPMによる在庫予約型のバイイング
Google、プレミアム動画広告をプログラマティックに売買できるマーケットプレイス「Google Partner Select」
ヨーロッパではマーケターの25%がプログラマティックを「知らない」と回答
cciが米Rocket Fuelと提携、人工知能技術を使ったRTBで最適なメディアプランニング・バイイングを実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング