SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フリークアウトとビービーメディア、動画広告クリエイティブ・コンテンツの研究・開発ユニット結成

 フリークアウトは、ビービーメディアと共同で、オンライン動画を活用した広告効果を向上するためのクリエイティブを研究・開発するユニット「Future of Online-Brighten Brand Lab.」を結成した。

 ここ数年の中で、オンライン動画広告の普及が広がりつつあり、YouTubeのプレロール型動画広告を中心に多くの広告キャンペーンで動画広告が活用されている。さらにSNSサービスでも動画広告機能が搭載されるようになり、またスマートフォンやスマートTVに代表されるスマートデバイスの普及、新たにネイティブ広告としての動画広告フォーマットが現れるなど、デバイスやフォーマットの多様化が進んでいる。

 また近年、RTBやDMPに代表されるアド・テクノロジーの急速な技術進歩によって、「枠から人へ」のパラダイムシフトが進展しており、さらにこれまでのオンラインだけでなくオフラインでの商品購買まで紐付けて広告の効果を計測した上でのデータドリブンなマーケティング施策の取組みが進んでいる。DMPを導入し、広告を配信する対象であるオーディエンスをセグメント化し、そのカスタマージャーニーを理解した上で、動画広告をRTBで買い付け、配信することが一般的となってきている。

 その一方で個別のオーディエンスにアプローチするために重要となる動画広告クリエイティブ自体については、これまでのTVCMと全く同じものをそのまま使うケースも多く、業界全体としてオンライン動画広告の特性を活かした広告効果の高いクリエイティブについて、研究がそれほど進んでいない状況がある。

 このような背景から、フリークアウトのテクノロジーと、ビービーメディアのクリエイティブ企画制作力を結集し、効果的なクリエイティブパターンの開発を通して、オンライン動画広告のさらなる普及を目指す。

【関連記事】
Google、ゲームのプレイ動画のライブストリーミングサービス「Twitch」の買収報道
担当者の3割「動画のPR活用」に注目/「いいね!」や「RT」も効果指標
オプトが東京工芸大学と提携、「動画ビジネス」カリキュラムを提供
動画広告のインプレッションの12%が非動画環境で発生、問われる動画再生の質
サイバーエージェント、企業とのタイアップ動画制作子会社を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/30 11:30 https://markezine.jp/article/detail/20603

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング