SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント×西武鉄道×「進撃の巨人」、スマホ使ったO2Oキャンペーンを秩父で実施

 サイバーエージェントと西武鉄道は、アニメ「進撃の巨人」とコラボレーション。スマートフォンを利用しながら秩父の各所を巡る「進撃の西武鉄道 スマホスタンプラリー in 秩父」を、8月6日より開始する。

 同キャンペーンは、参加者自身が、「進撃の巨人」に登場する調査兵団の新人となり、メンバーと共にウォール・チチブ(秩父)を調査しながら旅行体験をすることをコンセプトとしたもの。西武鉄道の「特急レッドアロー号」を作品内に登場する「紅蓮の弓矢号」に見立て、参加者は「紅蓮の弓矢号(レッドアロー号)」に乗って、スマートフォンを利用しながらスタンプラリーをする。

 参加者は、西武線の各駅や秩父エリアなど計8ヵ所(シーズン1は7ヵ所)に設置されたポスターやパネル内のQRコードをスマートフォンで読み込み、スタンプを押すと、「進撃の巨人」の登場人物、エレン・ミカサ・リヴァイによる限定録り下ろしボイスを聴くことができる。全ボイスを繋ぎ合わせることで、オリジナルのストーリーが完成し、調査兵団のメンバーと共に疑似旅行が体験できる。

 なお「レッドアロー号」を、「紅蓮の弓矢号」に見立てた本企画は、インターネット上で利用者が西武鉄道への応援メッセージとして投稿した動画作品よりヒントを得て始まったもの。本企画で両社は秩父の地域活性化を目指す。

【関連記事】
パルコ・シティ、O2Oアプリ「NEARLY」を展開するipocaと業務提携へ
オフライン行動に対するWebサイトの貢献度を定量化!IMJ、「O2O貢献度分析サービス」
順番待ち予約サービス「EPARK」、iBeacon使用したO2Oサービスを開始
ショーケース・ティービー、O2O用スマートフォンアプリ構築サービス「Go!Store」の提供を開始
サービス利用者の3割が新規顧客、三井住友カードのO2Oサービスが加盟店拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/31 12:30 https://markezine.jp/article/detail/20621

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング