SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JIAAが日本の業界団体としてはじめてIABと提携、ガイドラインの普及など協力関係を構築

 1996年に設立されたThe Interactive Advertising Bureau (IAB)は、米国のオンライン広告販売の86%を占める600以上の主要なメディアおよびテクノロジー企業からなる団体。IABはニューヨークを拠点として、メンバー企業とともに、インタラクティブ広告のスタンダードや事例の評価および推奨、研究活動を行っている。

 IABは、動画およびモバイル広告の急速な成長に対応する技術的、運用制度的なスタンダードを業界全体に展開し、ネイティブ広告の有効活用のためのガイドラインも公表している。

 今回の提携は、IABのグローバルな連携ネットワークにまだ加わっていなかった日本の業界団体との最初の連携となる。IABは、JIAAが国内で推進している業界の重要な諸問題に対応する際のベースとなるよう、世界的に集積された知見やベストプラクティスを提供。さらに、広告規格のほか、自主規制、公共政策、知的財産侵害に関する情報交換や意見交流も行なう。

 MarkeZineでは、2012年、IABのCOOであるパトリック・ドーラン氏にインタビューを行っている。この記事では、IABのなりたち、政府に対する働きかけなど、活動の内容などを知ることができる。

参考記事:「広告の透明性を高めることで、政府の介入を防ぎたいと思っています」米IABパトリック・ドーラン氏インタビュー(http://markezine.jp/article/detail/15598)

【関連記事】
2013年、米国のインターネット広告収益が初めてテレビ放送を抜く【IAB調査】
2013年上半期の米ネット広告売上は過去最高の201億ドル、モバイルと動画広告が躍進【IAB調査】
DACとIAB、新たなアドフォーマットの開発で協働
モーションビート、米広告業界団体「IAB」に加盟
米国ネット広告売上高、過去最高の310億ドル、モバイルが3ケタ成長【IAB調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/08/22 12:35 https://markezine.jp/article/detail/20738

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング